霊聴

霊聴とは?

霊聴の意味

「霊聴」とは、クレアオーディエンスとも呼ばれるサイキック能力やチャネリング能力の一種です。「霊視」という言葉はよく耳にすると思いますが、「霊聴」とはどう違うのでしょうか。 「霊視」は一般的に見えないものを視る占術ですが、「霊聴」は通常では聞こえないような音を「聴く」占術です。人は口から発せられる言葉以外に、心の中に本心や感情などの気持ちが宿っています。このように心の中に宿る声を私たちは聞き取ることができません。そういった場合、霊聴は相手の気持ちを霊的に読み取ることができます。

霊聴と幻聴の違い

霊聴と幻聴のちがいは?と気になっている方がいると思います。霊聴と幻聴どちらも頭の中で声が聞こえますが、明らかな違いがあります。 まず霊聴は聴きたいと思った時に声を聴くことができます。しかし幻聴は自分で聴きたい声をコントロールできません。 また霊聴はハッキリと重要なメッセージのみを伝えてくれるのに対して、幻聴はメッセージに意味のない言葉が多いです。加えて霊聴で聴こえる言葉に攻撃的な意味は一切含まれず、常に穏やかです。

霊聴を習得する方法

霊聴を習得するには、座禅瞑想を繰り返すことで習得できるといわれています。座禅瞑想とはあぐらの姿勢で目をつむり、心を鎮める所作のことです。 しかし霊聴を得るにはただ座禅瞑想をするのではなく、心を無にして邪念をなくすことが必要です。このような座禅瞑想を何ヶ月か継続することにより霊視を獲得できる可能性が高くなるのではないでしょうか。

霊聴を受ける際の注意点

霊聴占いは、鑑定士ごとに霊聴能力の強弱が異なり、時には鑑定士と相談者の相性が必要になる場合もあります。鑑定士との波動が合わない場合、正確な結果がでません。 また霊聴はあなたの信心が薄れるとその力も薄れてしまします。霊聴占いって本当に当たるのかな?と疑いがある方はまず、鑑定士を信じてアドバイスをもらってみましょう。

霊聴占いはどんな鑑定?

霊聴は人々の心の奥底にある声を聴くことができます。先祖の霊や亡くなった両親や知人の霊など死者の声には重要なメッセージが隠されています。彼らのように亡くなった人々の声を霊聴によって聴き取ることが可能です。 また霊聴には相談者や特定の相手の心の奥底にある声を聴き取ることができます。霊聴によって、自分自身すら気付いていなかった深層心理を読み取り、自分や相手の本心を聴き取ることができます。これら霊聴という占術によって、ご相談者の悩みが解決したり心願成就の役割を果たします。

霊聴は電話占いでも鑑定できる?

霊聴は、鑑定師が相談者との電話の声を通じて、あなたの波動を読み取りリーディングを行います。相談者や気になる相手の心の奥底にある真実を鑑定師は見透かしますので、しっかりと信頼して鑑定を受けることが大切です。 電話を通じて行う電話占いは、霊聴を行うには最適な鑑定方法といえるでしょう。電話占いでは占い師との対話を通し、悩みや問題を根本から見つめなおしていくことが特徴となります。面と向かってでは話しにくい話題も、電話占いならつい話せてしまうと、多くのお客様にご好評頂いております。