神通力

神通力とは?

神通力とは

神通力とは、科学では判明できないようなこの世界では不可能だと思われる特殊能力のことです。仏教の世界においては如来・明王・天部・菩薩などの仏様は六つの超人的な能力を持ち「六神通」とも呼ばれます。

神通力の種類

神通力には主に6種類の特殊な能力があります。如来や菩薩などの仏尊はみな神通力を持っているといわれています。 1.神足通 (じんそくつう) 自分の行きたい場所に思うまま行ける能力のことです。いわば瞬間移動ともいえるでしょう。姿や環境なども自由自在に変化させることができます。目の前に巨大な壁があったとしても先に進める力があり、壁をすり抜けたり空高くジャンプして飛び越えていける能力でもあります。もし困難にあったとしても神足通で解決できるといわれています。 2.天眼通 (てんげんつう) 自分や他人など様々な人や事象における未来を見通すことができる能力のことです。いわば千里眼ともいえるでしょう。一般の人では視えないような国の将来や、片思いの相手と結ばれるのかなど現象の細部まで視ることができる力です。仏教の世界では遥か遠い未来まで見通すことができるといわれています。 3.天耳通 (てんにつう) 通常では聞こえないようなあらゆる音を聞き分ける能力のことです。どんなに距離が離れ、誰にも聞こえないような小さな音でも、ハッキリと聞き取れる耳を持っています。「智」を積み重ねた者だけが察することが可能な能力です。 4.他心通 (たしんつう) 他者の心の声や他人の考えを感じ取ることができる能力のことです。目の前にいる人物の心を読み取ったり、気付かれたくない辛い気持ちまでわかっていしまいます。しかし他心通は邪念がなく、無心になった人にしか使えない能力です。 5.宿命通 (しゅくめいつう) 自分や他人の過去や前世を知ることができる能力です。つまり霊視に近いといえます。前世を知ることができるのはもちろんのこと、過去の分岐点で別の道を進んでいたらどうなっていたのかということまでわかります。輪廻転生に関わる物のすべてを把握することができる能力です。 6.漏尽通 (ろじんつう) 物欲や邪念への煩悩をなくし、悟りを得た歳に発揮する能力のことです。誰もが扱える能力ではなく悟りを開いた者だけが扱えます。悟りを開くことで全ての道理を認識し、人間の限界を超えます。そしてより神に近い立場に昇華させるという体得が極めて困難な能力であるといえます。

神通力の能力を開花させるには?

神通力を習得するには厳しい修行を経て、神々の力を得たものだけが扱えます。またこの6種類の中で最も時間と労力がかかり習得が困難なのが漏尽通です。 漏尽通は厳しい修行に耐え、苦しい道のりを歩んだ者だけが習得でき、その能力を世の中の人々にために扱います。したがって能力を得てお金持ちになりたいなどという煩悩や邪念があるならば、決して習得できません。 しかしその他の神通力は才能や能力を先祖代々から受け継がれているのであれば修行することで能力を開花させることができるでしょう。ですので、神通力を開花させるには大変な労力が必要です。神通力を得たいと思っているならば、邪念や物欲を捨てて修行に取り組む姿勢が必要でしょう。

神通力を使って占ってもらえる?

少数ながらも神通力を習得している占い師がいます。神通力は過去から未来まで全ての事柄をハッキリと視えるので驚かれる方は多いでしょう。 実際に神通力で鑑定していただいた経験談を紹介します。相談者は片思いの男性の気持ちを知りたいとご相談されました。鑑定士は他心通を操る方で、鑑定によると彼は仕事で離れ離れになって寂しい思いになる、早く結婚して一緒になりたいという気持ちを読み取ることができました。相談者が鑑定士のアドバイス通りに行動を移した結果、みごと結婚にまで繋がったといいます。他心通はまるで彼が言っているような言葉をそのまま伝えてくれます。

電話占いでも神通力の鑑定が受けられる?

神通力はその場にいながらも、遥か遠くのことを見通せたり、他人の心を読むことができる能力ですので、相談者と鑑定士がどこにいても正確に視ることができます。したがって電話を通じて行う電話占いでは最適な鑑定方法といえるでしょう。 また電話占いでは占い師との対話を通し、悩みや問題を根本から見つめなおしていくことが特徴となります。面と向かってでは話しにくい話題も、電話占いならつい話せてしまうと、多くのお客様にご好評頂いております。