サイキックタロット

サイキックタロットとは?

サイキックタロットについて

サイキックタロットは、タロットカードの一種です。“サイキックタロットオラクルカード”と呼ばれているカードが、サイキックタロットです。 タロットとかオラクルという名前がついていますが、タロットカードかと言われれば少し違いますし、オラクルカードかというと、それともまた少し違います。双方のちょうど中間に位置するカードなんです。 今回は、そんなサイキックタロットについてどのようなカードなのか、またサイキックタロットの使い方についてを紹介していきます。

サイキックタロットは“自由”が象徴

サイキックタロットは、タロットカードとは少し違う特徴を持っているカードです。オラクルカードの要素を含み、タロットとオラクル双方の特徴をうまく融合させたカードです。 タロットカードは、カードを選び、それを並べ、ひっくり返し、出たカードの図柄組み合わせから解釈をしてメッセージを受け取るものです。それに対してオラクルカードというのは、一枚一枚にそれぞれメッセージが込められており、複数枚あるカードから一枚を抜き、そこに書いてある内容そのものが自身へのメッセージとなります。 タロットのように使うこともできますし、オラクルカードのような使い方をすることも可能で、解釈の仕方も自由なのが、サイキックタロットの特徴なのです。

サイキックタロットの歴史

タロットの歴史は深く、古代エジプト時代まで遡ります。様々なカードの中でも特に歴史が古いといっても良いでしょう。 けれど、その一方、オラクルカードは、1970年代に生まれたもので、比較的歴史の新しいカードです。つまり、タロットとオラクルカード双方が存在し、そして出会うのはさらにこの後ということになります。 その後、この2つのカードは融合し、サイキックタロットとして誕生することになりました。 つまり、占いがメジャーな存在となり、誰でも気軽に占いをしてもらえたり、自分でカードを購入してインターネット上で占いを独学で学んだりすることができるようにもなった昨今になって生まれたカードなのです。 そもそも、タロット自体は当初は占いではなく、遊びや賭け事に使われていました。今現在の使われ方になったのは18世紀に入ってからのなのです。この当時、オラクルの存在はもちろんありませんでした。 様々な占いが生まれ、それぞれが融合や枝分かれを繰り返し、そしてまた新しい占いが生まれていく、サイキックタロットはそんな時代の流れの中で誕生した新しい占いのカタチなのです。

初心者でも扱いやすいのが特徴

サイキックタロットの最大の特徴はその使いやすさにあります。タロットカードとして使うこともできれば、オラクルカードとして使うこともでき、自分の自由に使用することができるサイキックタロットは、これまでにタロットカードやオラクルカードと触れあったことがない人でも使うことができる、初心者に優しいカードなのです。 タロットカードを使いこなし、メッセージをくみ取って正しく解釈するためにはある程度の知識や技術が必要になります。サイキックタロットは、従来のタロットカードを使いこなすほどの専門的な知識を必要としないため、初めてのカード占いとして使うのに、ちょうど良いのです。その使いやすさが、カード占いの初心者に人気の理由です。 もちろん、タロットカードに詳しい人や、タロット占いの上級者であれば、一層自由にサイキックタロットを使いこなすことができ、様々な解釈を得ることができます。初心者から上級者まで、誰にでも使いこなすことができるというわけですね。

サイキックタロットで占えること

サイキックタロットで得られた結果の解釈は非常に自由であり、タロットカードの上級者ともなれば、自分の使い勝手がいいようにサイキックタロットを利用することも可能です。一定の解釈のしかたはあるものの、“こうして使わなければならない”という決まりがなく、比較的自由に扱うことができるサイキックタロット。 では、サイキックタロットを使って何を占うことができるのでしょう?

サイキックタロットで何が分かる?

サイキックタロットとタロットの最大の違いは、カードの中に“不吉”を意味する内容のものがないことです。死神やハングドマンなど、「これを引いたら不吉」「これは最悪」というカードはありません。 ちょっとばかり良くないカードでも、タロットほど辛辣なコメントにもなりません。そもそも、サイキックタロットは、自分の感性を第一に、自分の都合の良い解釈をすることができるカードですから、甘くしようとすればとことん甘いアドバイスにすることが可能です。 もちろん、自分に厳しく!と思うのであれば、とことんスパイシーな視点で結果を受け取っても問題ありません。 そんなサイキックタロットは、自身が人生の分岐点に立ったときに、どの道を選ぶべきかについての指針の役割を担ってくれます。人生において、人は常に選択の連続をしています。どちらの道を選ぶか、目の前にスイッチが現れたときに、サイキックタロットに頼ってみると良いでしょう。 それは、恋愛でも仕事でも友人関係や家族との関係でも、進路でもどのようなものでもかまいません。自分がどうすべきか、どうしたら良いかに悩んだだら、サイキックタロットを使ってみるのです。

サイキックタロットは感性が大切に

サイキックタロットを扱うに当たって、“感性”は最も大切なポイントになります。サイキックタロットでは、“これ”といった正解を与えられるわけではありませんし、“YES”や“NO”といった単純な答えが得られるわけではなのです。 メッセージが文章で書かれているわけでもないので色や絵柄から解釈することになります。そのため、ポジティブな考えとネガティブな考え、双方のメッセージを公平に受け取ることができるバランスのとれた考え方というのも必要になります。 あまりにもポジティブな考えばかりでは、カードから得られた警告に気づけず、スルーしてしまうし、ネガティブな考えばかりを持っていると、せっかくカードがポジティブなメッセージを伝えようとしてくれていても気づけなくなります。

サイキックタロットはどうやって使う?

サイキックタロットは、22枚の大アルカナ、36枚の小アルカナ、そして7枚のチャクラから構成されています。 大アルカナカードは、人生の大きな面について教えてくれるもので、タロットカードの大アルカナと同じ扱いをされるものです。“光”や“影”、“勝利”や“権威”、“調和”や“バランス”といった意味を持つカードから成り立っています。 小アルカナカードは、4色に縁が彩られており、“物質”“感情”“魂”“精神”を表しています。これによって、人生の根本的なテーマを知ることができます。 チャクラカードは7枚それぞれ色が違うカードで、身体の部位別に分かれており、それぞれの色が発するパワーについても表しています。 65枚のカードから成るサイキックタロットは、オラクルカードとしておみくじのように使うこともできますし、タロットカードと同じように使うこともできます。使い方に制限がなく、使う側が自由に扱うことができるのが魅力なのです。 また、“これ”と決められた使い方がないからこそ、色々な角度で占えるメリットがあります。

サイキックタロット占いをするときに占い師に伝えると良いこと

サイキックタロットで占いをしてもらう際には、「自分の未来がどうなる」といった質問では思ったような答えが得られないでしょう。腕の良い占い師であれば、答えを導き出してくれるかもしれません。けれど、それに一番納得がいかないと感じてしまったり、何の解決にもなっていないと感じてしまったりするのは、自分自身でしょう。 では、サイキックタロット占いをするときにはどのような質問のしかたをすれば、自身がスッキリできるメッセージを得られるのでしょうか。質問のコツを紹介します。

人生の選択のアドバイスをもらうために利用する

サイキックタロットは、“1+1=2”のような明確な答えを出してくれるものではありません。「運命の人にはいつ出会えますか?」とか、「今の仕事は自分に合っていますか?」という質問には向いていません。 サイキックタロットで占ってもらう際には、サイキックタロットが“人生において岐路に立ったときにどちらに進むべきかアドバイスをくれる存在”というような認識で質問をすると良いでしょう。 「運命の人にいつ出会えるか」ではなく、「自分が理想としている相手と恋愛をするためには、どうしたら良いか」とか、「今の彼氏とも今後上手く付き合っていくためにはどうすべきか」といったような、人生の指針ともいえるアドバイスを求めれば良いのです。

自分で占うのはおすすめできない理由

サイキックタロットは、カード占いの中でもとても自由なカードです。そのため、自分で占うこともできますし、初心者でもサイキックタロットを使いこなすことはできます。 ただ、せっかくサイキックタロットをするからには、できるだけ邪念のないメッセージを受け取りたいですよね?その際に、気を付けなければいけないことがあります。 それが、個人的な考え方を捨てられないまま占ってはいけないということです。 誰しも生きてきた中で自分だけの考えを持っています。人がどう思おうが、自分は受け入れられない、ということもあるのではないでしょうか。 けれど、サイキックタロット占いをするのであれば、そういった概念はすべて捨てるべきです。好き嫌いや善悪の観念をすべて捨て、占いに臨むようにしなければなりません。 とはいえ、それは誰にでもできるわけではないでしょう。これまでの人生の中で培ってきた知識や経験を踏まえた個人的な考えはなかなか消すことはできません。それが例え占いをしている一瞬でもあってもです。 そのため、サイキックタロットで自分自身を占ってもらう場合には、自分で占うのではなく、占い師に相談して行ってもらうのがおすすめなのです。

サイキックタロットは電話占いでも占ってもらえる?

サイキックタロットは、電話占いで占ってもらうことが可能です。使い方はタロットカードのように使うことができますから、電話越しで占ってもらっても得られる結果は同じですし、的確なアドバイスとなるメッセージをもらうこともできるでしょう。 電話占いで占ってもらう際には、タロットカードやサイキックタロット、オラクルカードなど、カード占いに長けた占い師に依頼するようにしましょう。特に、メッセージを読み取る能力が高い占い師であれば、サイキックタロットで得られた結果を相談した人に合わせて解釈し、的確なアドバイスを与えてくれます。 長年の経験で積み重ねてきた知識がある占い師なら、きっとあなたが納得できる分かりやすいアドバイスをカードから読み取り、伝えてくれることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?サイキックタロットは、カード占いの初心者にとっても非常に親近感の湧く存在であり、カードの知識がなくても、簡単に扱うことができるカードです。タロットでは正位置、逆位置がありますが、サイキックタロットには逆位置の観念がないのも分かりやすいポイントになっています。 占って欲しい人だけではなく、占いを始めてみたいと思っている人にもおすすめのサイキックタロットカード。 ぜひ、自由な発想と感性、そして占い方でチャレンジしてみてくださいね。