うてな先生のつぶやき

うてな先生写真
霊感・霊視 タロット 霊感タロット 西洋占星術 占星術
245円/分
魔境。スピリチュアルの闇。信じ込んで抜け出せなくなる病。 原因は、人間の傲慢という病ではないかと思っています。スピに限らず様々な分野で、例えばお金や仕事、容姿、モテるかどうか、回りにチヤホヤされるとひょいっとなる病です。人間誰もが持ち合わせた性質です。

2020年11月23日

カヴァ茶。オセアニアのお茶。酩酊作用がありますがアルコールではない。南国の人はこれを飲んでみんな仲良くなるといいます。気分よくなって友達と話したくなる。熱帯の雨の匂いのするお茶です。日本では規制がかかっていますが、個人購入、個人使用は問題ないです。仲良しの飲み物なんて素敵ですね。

2020年11月21日

冷え症ですが体を温めるということの難しさを実感しています。本当に温かい手足を経験してはじめて分かる。 靴下を一枚はいたくらいじゃダメで、裏フリースの分厚いものを導入。冷えとり4枚重ねよりこれでした。保温されてぽかぽか。体調もいい。 温度も実感として分かることが大事ですね。

2020年11月18日

GOTOを利用して、白浜に行ってきました。「崎の湯」という温泉がありました。天然の露天風呂で、腰痛や冷え性が治ります。古く、有間皇子や斎明天皇も入ったという源泉。 海に面した岩風呂で、湯の花が浮いています。お肌がつるつるになりました。

2020年11月11日

ローズマリー。言わずと知れた植え込みに必ずあるハーブ。美肌に美髪に。じゃがいもにお肉に。なんでも使える便利ハーブ。 スッキリした匂いは集中力をあげます。また反対にリラックスにもなります。精油をお風呂に、化粧水に、もうひとつの使い方はタバコのフィルターに。試してみてね。

2020年11月10日

ダイエットは痩せるためと思うと無茶になります。無茶になると痩せさらばえるだけで結局良くないですね。 最終目標は美しくなること、健康になること。そして精神も幸せであることです。 ファッション雑誌の基準に合わせるとしんどい。モデルはマネキンでディスプレイ用。自分の体は実用です。

2020年11月10日

ジュニパーベリー、ジンの香りづけに使われるハーブ。肉料理やお酒に使われてきました。故障の代わりにカレーにいれてみて。 抗菌、快眠、リラックス効果。儀式や魔術にも使われています。なぜかというと食べ過ぎるとクラクラしてめまいや酩酊が出るから。ぐるぐるしてきたら要注意。

2020年11月04日

ハロウィンは魔女の言葉でソーウィンと呼ばれます。日本で言うところのお盆と大晦日で魂が帰ってくる。なので魔女たちはサバトを開いて宴会します。祭壇を飾って、ワインを飲みます。収穫祭のお祝いも兼ねているので、野菜や作物が供えられて今日のカボチャ????になりました。

2020年11月01日

チェストベリー。女性の味方。PMSやPMDD、生理不順に悩む人のためのハーブです。和名は西洋ニンジンボク。今はサプリや医薬部外品などで手に入る。ホルモンに働きかけてイライラを鎮める。妊活や更年期にも。ホルモンが整うとニキビも減るから、お肌はつやつやになります。

2020年10月22日

ローズヒップとハイビスカスティー。 ビタミンCたっぷり。沸騰したお湯でとかいてありますが、ビタミンCを損なわないために日本茶みたいに60度のぬるめか、水出しで出します。 それでも十分美味しく飲めます。 鮮やかな赤い色は健康な血液のいろ。元気が出ます。

2020年10月18日