悟先生のつぶやき

完璧主義や強すぎる正義感は道を踏み外す原因になりますが、そのほかにも道を踏み外す可能性があるのは引っ込み思案や我慢です。遠慮や恥ずかしさで自分の気持ちを伝えられないのは自分で道を閉ざす行為です。ネガティブなこともポジティブなことも、相手に分かりやすく説明できるようになりましょう。

2019年05月23日

ネックレス等の細いチェーンは絡まると簡単にほどけません。焦っていじるとますますほどきにくくなります。ベビーパウダーを振りかけて爪楊枝やピンセットで一か所をつまんで少しずつほどきます。絡まった感情も同じです。自分の感情は自分でほどくしかありません。二人の感情は二人でほどきましょう。

2019年05月22日

人を叩けば手が痛みます。それは言動でも同じことです。相手を傷つける言動をぶつけて気持ちがすっきりしても、自分の心は痛みを感じています。自分が被害者なら加害者の痛みが分かりません。しかし確実に相手も傷ついているのです。優しい言葉でも同じ現象が起こります。相手も自分も癒されるのです。

2019年05月21日

つい忘れがちですが、自分の感情は自分で選べます。たとえ人や環境のせいで自分の感情が一時的に乱されることがあっても、感情を最終的に決定するのは自分自身です。それができないのは周囲に振り回されるということです。それはオレオレ詐欺にあったようなものですからだまされないようにしましょう。

2019年05月20日

男性の世界は殺伐とした競争社会です。だから男性が異性として魅力的に感じる女性は男性と対等に頑張っていてもいなくても、その人の前なら気楽に心の鎧を脱いでくつろげるような相手です。はじける笑顔で明るく軽やかで自由で茶目っ気がある、そんな女性の天真爛漫な雰囲気こそ男性の求めるものです。

2019年05月19日

自分にウソをついて相手に気に入られようとするのは不自然です。たとえ一瞬うまくいっても、長い時間ウソをつき続けることはできません。仕事でも恋愛でも自分を押し殺すという行為はウソをつくことです。そうやって手に入れた成果は夢に過ぎません。ありのままの自分で勝負しない限り満足できません。

2019年05月18日

電話の達人は笑顔で話すことを心掛けているそうです。笑顔で発する言葉は明るく軽やかで、相手に良い印象を与えるからです。電話でさえそうなのですから、実際に目に見える相手に対する笑顔のパワーはとても大きいと言えます。真面目な話は真剣な顔でしても、その後の笑顔は最良のフォローとなります。

2019年05月17日

遠くにいる他人には優しく接する事ができるのに、近くにいる身内には優しく接することができにくいと言われます。それは心理的に近い人を自分のことのように扱ってしまうためであり、自分が自分に優しくない証拠だそうです。もっと自分を好きになって優しく扱えば近くの人にも優しくできるのでしょう。

2019年05月16日

物質的なものは使えば減りますが、そんな当たり前の理屈は分かっているくせに追い求めるのが人情です。精神的なものは使っても減りません。愛情も憎しみも使いすぎて減ることはありません。それどころか使えば使うほど増えていくものです。できることならプラスのものだけを増やしていきたいものです。

2019年05月15日

大人になりたくない、責任を取りたくない人をピーターパン症候群と呼びます。同様にピーターパンにあこがれる少女の名のついたウェンディ症候群というのもあります。責任感が強く他人第一で自分を犠牲にしてピーターパンタイプの男性を作り出すタイプです。女性はティンカーベルタイプで良さそうです。

2019年05月14日