ヒプノセラピー

ヒプノセラピーとは?

ヒプノセラピーについて

ヒプノセラピーは、潜在意識に呼びかけやすい状態を作り、暗示や催眠を利用して心の奥底に眠っている気持ちを呼び起こしたり、潜在意識に働きかけてポジティブな思考を持てるようにしたりするセラピーです。 潜在意識に直接語りかけることによって、問題の本質を見極めやすくなります。運勢を占うというよりは、問題解決ができるように導く方法になります。

ヒプノセラピーの歴史

ヒプノセラピーの語源は、ギリシャ語で睡眠をあらわすの「hypnos(ヒプノス)」からきており、19世紀にイギリスの医師によって名付けられました。 ヒプノセラピーの元となる「催眠療法」は古代エジプトでも行われており、「眠りの寺院」と呼ばれる場所で、僧侶たちが信者に暗示をあたえるのが当時の「治療」でした。 催眠療法で病気や怪我を治療することはできませんが、催眠は痛みをコントロールする手段として医療と密接に扱われた時代もあったのです。その後、ギリシャやローマに伝わり、ローマ帝国で定着していきました。

潜在意識って?

潜在意識とは、自分では意識していない、心の奥底の部分です。自分では意図的に行動していなくても、人間の行動は潜在意識に影響されているのです。潜在意識には、自分でも忘れてしまっている過去の記憶や、今まで培ってきた経験によって作られた価値観があります。 例えば、理由もなく犬が怖いと感じている人がいたとします。実は、その人は記憶に残らないほど小さい頃に犬に追いかけられたことがあったのです。このように自分では覚えていない事でも、潜在意識の中に今の感情や行動に影響を与えるのが潜在意識です。

潜在意識をうまく活用しよう

潜在意識は、悪い部分にばかり働くわけではありません。正義感が強い人は、幼いころにヒーローに憧れるような出来事があったのかもしれませんし、自信にあふれている人は、自己を肯定できるような出来事が過去にあったのかもしれません。 潜在意識に上手く働きかけることができれば、自分の嫌な部分を改善したり、なりたい自分に近付いたりすることができるのです。自分の行動や考えに変化を起こすことで、問題の解決に近付くこともありますよね。 ただ、潜在意識にどのような働きかけをすれば、自分が思い描いている未来に近付くのかわからないという人もいますよね。また、潜在意識に働きかける方法がわからないという人もいるでしょう。 ヒプノセラピーでは、セラピストが話を聞きながらあなたの潜在意識を探り、問題を解決する手助けをしてくれます。

ヒプノセラピーはこんな人におすすめ!

ヒプノセラピーには、カウンセリングや癒しの要素が含まれているため、悩みの相談以外にも、自分を変えたい、ポジティブな考えを持ちたいなどにおすすめです。 ヒプノセラピーを受けただけで、全くの別人に生まれ変わるということはありませんが、潜在意識への働きに加え、アドバイスを意識的に考えることで、ダブルの効果を得ることができます。

性格的に直したいことがある

引っ込み思案でいつも言いたいことが言えない、気が強すぎてケンカになってばかりいるなど、自分を変えたい人にはヒプノセラピーがおすすめです。 あなたの性格の原因になっていることを潜在意識の中から探り出し、アドバイスすることで、あなたの性格を良い方向へ導いていくことができます。

叶えたい夢がある

叶えたい夢があり努力しているけれど、なかなか成果が出ないという場合には、アプローチの仕方が間違っていたり、深層心理に何か邪魔するものがあったりするのかもしれません。 もし、深層心理にあなたが夢を叶えるための障害になっているものがあれば、それを乗り越えられるように考えたり、方向性を少し修正したりするアドバイスが受けられます。

迷っていることがある

迷っていることがあっても、実は深層心理では答えが決まっている場合もあります。逆に、自分では答えを出したつもりでも、深層心理では迷っているために、うまく行動に移せずにいるという場合もあります。 迷っていることがある、迷いを断ち切ったはずなのになぜかうまくいかない、という場合には、ヒプノセラピーで本当の気持ちを確認してみましょう。自分の心の奥に問いかけることで、スッキリと迷いを断ち切ることができますよ。

自分の進むべき道がわからない

自分の今の状態に不安を感じているけれどどうすればいいのかわからないなど、自分の進むべき道を見いだせない場合も、ヒプノセラピーで深層心理を覗いてみると、問題解決のヒントが見えることがあります。 自覚がなくても、心の奥には、不安の元になる出来事が潜んでいるはずです。不安の元がわからないというのは気持ち悪いですよね。ヒプノセラピーで不安の原因を知ることで、新しく進む道が見えてくることがあります。

克服したいことがある

苦手なことや克服したいことがあっても、自分の力だけではどうしようもないことってありますよね。ヒプノセラピーでは、あなたが苦手としていることの原因を探り出し、改善できるようにアドバイスします。 原因がわからないために、改善する方法がわからないという場合もあるので、まずは何が元凶なのかを潜在意識に問いかけてみましょう。 元凶が複数ありすべてを取り除くのが難しい場合でも、暗示と組み合わせることで、苦手な程度を軽くしたり、立ち向かう気力を湧きおこしたりという方法を使うことができます。

人間関係が上手くいっていない

周囲との関係を変えたいときには、まずは自分自身が変わることで、自然に周囲の変化が得られます。ヒプノセラピーでは、潜在意識に働きかけることでポジティブな考えができるようになったり、忍耐力を付けることができたりと、自分自身に変化をもたらすことができます。 人間関係が上手くいっていないために、仕事や恋愛にも支障が出る場合もあります。人間関係が上手くいっていないときには、それがどんな影響を自分に与えているのかも含め、相談してみると良いでしょう。

ヒプノセラピー占いをするときに占い師に伝えると良いこと

潜在意識に働きかけるヒプノセラピーをつかった占いをするときには、催眠状態に入る前に、方向性をしっかり確認しておくことが大切です。催眠状態になっても受け答えはできますが、不安が残っていると催眠状態に入りにくいこともあります。 ヒプノセラピーを受ける前に相談内容をしっかり確認しておけば、安心してセラピーを受けることができますよね。占い師側でも、事前に相談内容を細かく把握することでピンポイントで潜在意識に働きかけることができ、効果的なセラピーができるのです。

相談内容はしっかりイメージしておく

ヒプノセラピーをしてもらうときには、相談したい内容をしっかりしぼりこんでおきましょう。「恋愛について」など漠然とした内容で相談すると、そこから深い部分にたどり着くまで質問を重ねることになってしまいます。 恋愛について聞きたいときには、「なかなか恋人ができないけど、自分に原因があるのか知りたい。恋人ができるように改善したい。」など、具体的な悩みと、今後どうしたいのかを伝えると解決するための答えを導き出しやすくなります。

感受性の強い人に効果が出やすい

ヒプノセラピーでは、潜在意識の深いところに接触するため、催眠状態になる必要があります。ですが、催眠状態になりやすい人、なりにくい人というのがあるのです。 催眠状態になりやすいのは、感受性が豊かで想像力がある人、他人に共感する力が強く、他人の話を聞いて自分のことのように感じられる人などです。 催眠状態になりにくい人でも、ヒプノセラピーが受けられないわけではありませんが、そのためには、セラピストにすべてをゆだねるという気持ちが必要になってきます。 催眠状態に入ろうとしているときに、セラピストに対して不信感を持っていたり、「本当に催眠状態になるの?」と疑問を持ってしまっていたりすると、雑念でますます催眠状態になりにくくなってしまいます。 雑念を捨てようとしているのに余計なことばかり思い浮かぶという場合には、セラピストの声を頭の中で復唱すると、雑念を考える暇がなくなるのでおすすめですよ。

占い師の声に集中する

潜在意識に働きかけるヒプノセラピーでは、相談者の意識が占い師に向いていないと、うまく誘導できません。そのため、電話での相談でも占い師の言葉に集中しましょう。 ソファにゆったり腰掛けたり、ベットに横になったりと、リラックスした姿勢を取るようにし、部屋の照明も、自分が落ち着ける暗さにしておくと良いですね。

ヒプノセラピー占いは電話占いでも占える??

テレビなどでよく見る催眠術では、自分の意志と関係なく目を閉じたり、動けなくなったりというものもあるので、1人でいるときに催眠状態になって大丈夫か不安になるかもしれませんよね。 ヒプノセラピーは、相談者自身が潜在意識に目を向けられるように暗示や催眠を使うこともありますが、それは、自分の中にある本当の気持ちや問題解決のヒントを見つけるためです。 暗示によってリラックスして心が楽になることがあっても、催眠で何かを無理やり行わせるものではありません。ですから、催眠術と違って、相談者が辞めたいと思えば自分の意志で中断することができ、電話越しでも不安を感じる必要はありません。

まとめ

暗示や催眠を利用して潜在意識に働きかけるヒプノセラピーは、内容を詳しく理解していないと不安を感じるかもしれませんね。ヒプノセラピーがどんな内容なのか知ることによって、安心してセラピーを受けることができるのではないでしょうか。 ヒプノセラピー催眠状態でも、自分のしたくないことや言いたくないことをいうことはありません。あなたの願いをかなえるために必要なことを、潜在意識の中から探し出し、問題を取り除いていくのです。 ヒプノセラピーで大切なのは、セラピストを信頼し、受け入れるということです。また、自分もリラックスしやすい場所や時間帯を選べるといいですね。 電話占いなら自分の部屋というリラックスした空間で、セラピーを受けることができます。時間についても、お店で開業している場合よりも対応してもらえる時間の幅が広いので、ライフスタイルに合わせてセラピーを受けることができますよ。