神霊交信

神霊交信とは?

神霊交信について

神の御霊(みたま)や徳の高い霊魂と何らかの方法でコミュニケーションを取ることを、神霊交信といいます。神霊交信を行う人物はシャーマンと呼ばれ、シャーマンは文化や時代を限定せず、古くから世界中に見られる存在です。 神霊交信の行い方にはいくつか種類があり、シャーマンの魂が体から抜け出して霊界に赴き神霊との交信を行う脱魂型、神がかりを行いシャーマンの体に神霊を憑依させる霊媒型、シャーマン自身の意識は保ったまま直接神霊と交信してその意思を語る霊感型などがあります。

神霊交信の歴史

神霊交信がいつごろから行われていたのか、その時期をはっきりと示す記録は残っていません。 世界最古の文明といわれるメソポタミア文明の最初期とされるシュメール文明では、既に神と交信を行うシャーマンが国政に関わる神官としての地位を築き、権威を誇っていたといいます。シュメール文明が始まったのは紀元前3500年頃のことです。 日本でも邪馬台国の女王卑弥呼が巫女として神の言葉を聞き、神の意志に従って国を治めていたことがよく知られています。 科学的理論で証明できる物事こそが真実という考え方が主流となっている現代では、実証不可能なオカルトやスピリチュアルの世界のみで行われるものと受け取られていることも多いですが、かつては政治に神からのメッセージが直接的に反映されるほど、人々の生活に密着していたものでした。 むしろ人類の文明の中で神霊交信が生み出されたというよりも、神霊交信によって人類の文明が発展するに至ったといっても過言ではないほど、はるか昔から行われていたと考えられます。

神霊交信の種類

先に述べたように、神霊交信にはいくつかの種類があります。そのうちの代表的な4つの型をご紹介いたしましょう。 まず1つ目は、脱魂型と呼ばれるものです。脱魂型の神霊交信を行うシャーマンは、自らの霊魂を肉体から切り離して霊界に行き、精霊の力を使って様々な役割を果たします。 そして2つ目は霊媒型、もしくは憑霊型と呼ばれる神霊交信です。この神霊交信ではシャーマンが自らの肉体に神霊を憑依させ、降りてきた神霊はシャーマンの口を借りて人々にメッセージを伝えます。恐山のイタコや沖縄のユタがその代表的な例です。 3つ目は霊感型、予言者型と呼ばれるもので、シャーマンは自意識を保ちながら直接的な神霊交信を行い、もたらされた言葉を第三者として人々に伝えます。 4つ目の見者型は、神霊の姿を見ることや声を聞くことができるシャーマンが、その意思を人々に伝える役割を果たします。見者型のシャーマンに至るまでは相当の精神修業が必要とされるといわれ、「霊媒型」から始まり「予言者型」を経て、その後に「見者型」に変るという道をたどるシャーマンが多くなっています。

神霊交信を行う人たち

日本のみならず世界各国に、神霊交信を行って人々に神の意思を伝えることを生業とする人たちがいます。 日本ではシャーマンの役割を担う人を巫師(ふし)や祈祷師、霊媒師と呼び、青森のイタコ、沖縄のユタが有名です。 海外でもペルーやメキシコなどのラテンアメリカや、モンゴルやインドネシアなどのアジア圏、北欧のグリーンランドなど東西南北の様々な国に、シャーマンとして人々に神の意思を伝えることや占いを行うことを職業としている人たちが存在し、民間で崇拝されています。 また高次元の存在と交信を行うチャネリングも民俗学上シャーマンが行う神霊交信と同種のものとみなされており、チャネリングを行う人は神霊などの超自然的な存在からのメッセージを受け取り、人々に言葉として伝えることができるチャネラーや占い師として活躍しています。

神霊交信で占えることとは

神霊交信を用いる占いは、自分の隠れた本質や自分にふさわしい生き方を知りたいなど、本来の自分の姿を知りたい時におすすめの占術です。 神霊交信によって得られる言葉は統計で当てはめられたものではなく、その人のためだけにもたらされる言葉となります。占いを受ける人は神霊交信を行う占い師を媒体として、大いなる神の意思を聞くことになるのです。 そのため時に抽象的で難解な部分があったり、テーマが壮大すぎて目の前の小さな悩み事の解決には向かなかったりする場合もあります。ですから今年の恋愛運や金運などをピンポイントで占うというよりも、今のあなたとして生まれる前の前世のことや、生まれてから死ぬまでの一生に関わることを占いたい時に用いるといいでしょう。

人の本質や本来の姿

誰しもが少なくとも1度は自分という人間について考え、自分が一体何者なのかを知りたいという欲求を抱いたことがあるでしょう。 人並み以上に霊感が強い人であれば神様の存在を近くに感じられることがあるかもしれませんが、そうでない人のことも神様はいつも見守っています。それこそ今この時だけではなく、現世に生まれる前、あなたという魂が存在し始めた時から神様はあなたを見守っているのです。 見守ってはいるものの通常は神様があなたに言葉を伝えたり、何らかの働きかけを行ったりすることはありません。ただ見守るだけです。それは人間と神霊の魂の格がかけ離れすぎていて、意識を繋げることができないからです。 しかし神霊交信を行える人であれば神霊と波長を合わせ、その言葉や姿を見聞きしたり、メッセージを受け取ったりすることができます。 あなたをあなたの両親よりも長い間見守ってきた神様は、誰よりもあなたの本質を知り理解している存在ですから、自分がどんな人間なのかを知りたいと心から願えばその疑問に応えてくれるでしょう。

個人の特性

1人の大人として自立して生きていくためには、仕事というものは不可欠なものです。人間は物を食べなければ死んでしまいます。仕事をして生活の糧を得て、命を繋いでいくというのが人間として生きるということです。 そしてこの世の中にはたくさんの仕事があります。何も給料や報酬をもらえることだけが仕事ということではありません。専業主婦(主夫)は家事を仕事とする立場ですし、自給自足の生活でも農作業や狩猟を行うことが立派な仕事となります。 自分にはどんな仕事が向いているのかという疑問は、つまりは自分にどんな生き方が向いているのかという疑問と同義です。どんな生き方が向いているかどうかは、自分という人間がどんな特性を持っているのかを知ることによって導き出すことができます。

人生を良くするヒント

今の人格では1度きりしか生きられない人生をより良いものにしたいという願いは、すべての人が心に抱いているものです。具体的にこうなりたいというイメージが定まっていないとしても、幸せだと思える人生を歩む方法が知りたいと願う人は多いでしょう。 その幸せとは人それぞれで、自分の選んだ道を突き詰めて何かを成し遂げることを幸せだと思う人もいれば、他者のために尽くして生きることこそが幸せだと感じる人もいます。 神霊交信を用いた占いなら占いを受ける人ごとに専用のメッセージを受け取れるので、人それぞれで異なる幸せを形にするために何が必要なのかを占うことも可能です。

神霊交信占いをするときに占い師に伝えると良いこと

神霊交信は自分のことを知りたい時におすすめの占術とご紹介しました。神の前では嘘偽りは通用せず、自分でも忘れてしまっているありのままのあなたの姿を知ることができるでしょう。 では占い師に神霊交信を用いて占ってもらう時は、どのような質問や要望を伝えるとより良い占いが受けられるのでしょうか?

本当の自分

あなたは自分自身が本当はどんな人間なのかをきちんと理解していますか?人間社会の中で生きていると、本来自分が求めているもの、なりたいもの、自分の本質というものは忘れられてしまいがちです。 本当の自分について知ることは、自分が何のために生まれてきたのかを知ることにつながります。自分が生まれてきた理由を知ることは、人生をより充実させるために必要なプロセスです。

向いている職業

自分に向いている職業が知りたいという時も、神霊交信は役立ちます。世の中には様々な種類の職業や仕事がありますが、個人の持つ特性の違いによって、ある人にとっては適職であっても、ある人にとってはストレスばかりがたまる仕事ということがあります。 神霊交信によって自分の特性を占ってもらうことで、自分がどんな職業に向いているのか、どんな仕事や職業に就けば大きなストレスを感じずに働いていけるのかなどを知ることができます。

生きづらさを解消したい

現代人のほとんどは多くのストレスを抱えて生きていると言われますが、ストレスに対する耐性は人それぞれ違い、他の人が何とも思わないことにでも必要以上に傷付いてしまったり、ストレスを感じた時に怒りや悲しみの感情のコントロールができなかったりという生きづらさを抱えている人には、神霊交信による占いをおすすめします。 自分の本来の性質を知ることができれば、なぜ他人よりもストレスに弱いのか、自分でも疲れてしまうほど感情の振れ幅が大きいのか、その原因が解明できれば、対処方法を考えることもできるでしょう。

神霊交信占いは電話占いでも占える?

神霊交信は生まれつき特別な才能を持つ人や、厳しい精神修業を積んだ霊能者、または突然変異によって神霊交信の能力を手に入れた人でなければ容易にできるものではありません。 中途半端に知識だけを持つ人が神霊交信を行うと、神霊を騙る低級霊とつながってしまうという失敗も起こり得るのです。 みん電占いには優れたシャーマンの素質を持つ占い師が在籍していますから、安心して占っていただくことができます。 料金は明確化されており法外な鑑定料やお布施を請求される心配もありませんし、電話越しに占いを受けられるので威圧感に気圧されて自分が聞きたい内容を十分に伝えられないという事態も避けられます。 初めて神霊交信による占いを受ける人にはもちろん、経験がある方にも自信を持っておすすめできます。

まとめ

通常なら通じ合うことができない高位の存在からメッセージを受け取る神霊交信は、あなたの人生や価値観に大きな影響を与える可能性がある占術です。今の人生で満足している人や、冷やかしの気持ちで興味を持つ人には、あまりおすすめはできません。 しかし現状に不満を抱いている人や、本来の自分を見失って苦しんでいる人にとっては、救いになる答えを見出すことができる手段となります。 身内にも言えないような深刻な悩みを抱えている方や、自分自身と向き合う勇気が欲しい方、人生観を変えて明るい未来に進みたいという方は、ぜひ電話占いによる神霊交信を体験してください。 そうすればきっと、あなたの魂が求めていた答えと出会えることでしょう。