カルマ浄化

カルマ浄化とは?

カルマ浄化について

カルマ浄化とは、自分の前世の行いや先祖の行いによって現世で背負うことになった悪いカルマを浄化して解消し、同時に現在抱えている苦しみや不安、悩みなどを解消することです。 カルマを浄化することにより、ネガティブな感情を取り払ったり、価値観が変わり物事を前向きに考えることができたりと、私たちにとってプラスになる影響が現れるといいます。 今回はカルマ浄化について、そもそもカルマとは何なのかや、カルマ浄化の行い方などの情報を交えて詳しくご紹介いたします。

カルマとは何か

カルマは業ともいい、元々は行為を意味する言葉であり、何らかの報いをもたらす行為を表します。前世で善いカルマを積んでいれば現世では苦労の少ない恵まれた人生を送れますが、悪いカルマを多く積んでいると生まれながらに恵まれず、苦労の多い人生を歩むことになるといわれます。 自分が行ったことは自分に結果となって返ってくるということを因果応報といいますが、これは元々は仏教用語で「善悪に関わらず、すべては自らが原因となって生じた結果である」という意味を持つ言葉です。カルマは因となり、その性質に応じた報いをもたらすのです。 同じような意味を持つ自業自得という言葉の「業」という字も、カルマを意味しています。 簡単に例を挙げますと、現世で異性との巡り会わせが悪く傷つけられることが多いのは、前世で自分が異性に対して酷い扱いをしていたことが要因になっていることがあります。記憶のない前世の罪に対する罰が現世で与えられるなんて理不尽だと思うかもしれませんが、それがカルマというものなのです。 そして人間はこの世に生まれ変わり続ける限り、何らかのカルマを背負っています。もし自分が前世において悪行を働いてなかったとしても、自分と血が繋がっている先祖のカルマを背負う場合もあります。

カルマ浄化=魂の浄化

カルマ浄化とはつまり、魂を浄化することです。スピリチュアル用語では魂のクリアリングとも言われます。カルマは現世での一生が終われば消え去るものではなく、浄化されない限りは何度死んで生まれ変わってもその人の魂に付きまといます。 欲深さや運の悪さを意味する「業が深い」という言葉がありますが、これは元々は「前世での悪行が現世での不運の要因となっている」ことを表す言葉です。 カルマを浄化しなければ不運が続き、心が荒み、新たな悪行に手を出すこともあります。そうなると前世からのカルマに現世のカルマが重なり、来世ではさらに業の深い人生を歩まなくてはならないのです。 カルマ浄化を行わなくても生きていくことはできますが、来世だけでなく今の人生を良くするためには必要なことと言えます。カルマ浄化とはつまり、前世から持ち越した宿題のようなものなのです。

カルマ浄化の方法

カルマ浄化を行うためにはいくつかの方法があります。 まず1つは徳を積むことです。徳は善い行いを積極的に行うことで積むことができます。困っている人に手を差し伸べたり、無償で人々のためになることを行ったりと、長い目で見て善行を心掛ける必要があります。徳を積みカルマを浄化する方法は、即効性は低いですが効果は大きいといわれます。 簡単な方法ではカルマ浄化の効果を持つパワーストーンを用いるという方法もあります。アクアマリンやラブラドライト、モルダバイトというパワーストーンがカルマ浄化の助けをする石とされています。しかしこの方法はあくまでも補助的な効果を得るもので、ただ身に付けるだけでは大きな効果は発揮されないでしょう。 そしておすすめしたいのが占い師やヒーラーによって行われるカルマ浄化です。これは特殊な能力を持つ人間が相談者の背負うカルマを視て直接癒し浄化するという方法で、即効性が高く効果も大きいです。 自分自身で瞑想を行いカルマの浄化を行うこともできますが、まず瞑想で浄化できるようになるまでに時間がかかります。今すぐにでも不運を解消したいという方には、プロの力を借りて行うカルマ浄化がおすすめです。

カルマ浄化を行う意味

先程もご説明した通り、カルマの浄化を行うことは前世からの宿題みたいなものです。カルマを浄化し解消すれば、現世での苦しみや不安から解放され、悩み事や問題も解決しやすくなります。 それではカルマ浄化を行うことによってどんな効果が現れるのかを、具体的にご紹介しましょう。

不運が減り幸運が増える

自分には運がない、不運ばかりが続くという方は、カルマが不運の原因になっていることがあります。ですからカルマを浄化することによって、運気が好転する可能性があるのです。 またカルマを浄化することによって価値観に変化が現れ、前までは不運に感じていたようなこともとらえ方が変わって、逆に幸運だと感じることができるようになります。

ポジティブになれる

嫉妬心や怒り、悲しみや不安などのネガティブな感情は、カルマが原因となっていることがよくあります。理由もなく不安な気持ちに陥ったり、突発的な怒りを抑えられなかったり、感情の振れ幅がマイナス面に激しいと、自分も疲れますし周りからも距離を置かれてしまいます。 カルマ浄化を行うと気持ちが前向きになり、物事の受け取り方にも変化が現れます。他人の目を必要以上に怖れることがなくなり、自分らしいポジティブな生き方ができるようになるでしょう。

人間関係が改善できる

人は人として生きている限り、どこに行っても人間関係が付きまといます。それこそ無人島で完全に自給自足の生活でもしていない限りは、他人と関わらない人生は歩めません。 カルマを浄化すると、まず人間関係から変化が見られることが多いといわれます。人を愛する喜びや許し受け入れ感謝する気持ちが湧き起こってくるといわれ、恋愛や友人関係にも良い効果がもたらされます。

明るい未来を迎えられる

生き物の生まれ変わりはカルマと共にあるものです。現世は前世のカルマを解消するために迎えたもので、来世は現世のカルマを解消するために迎えるものと考えることができます。 カルマ浄化は現世で背負う荷物を減らし、未来を明るいものに変えることができる行いです。そして光に照らされた明るい人生を歩むことで現世での悪いカルマが少なくなり、恵まれた来世を迎えることに繋がります。

カルマ浄化してもらうときに占い師に伝えると良いこと

占い師が行うカルマ浄化は、カルマを浄め解消することによって、現在抱えている悩みの解決が期待できるものです。未来の運勢を占ったり、未来に起きることを占ったりするものではありません。まずはそのことを念頭に置いて、占い師にカルマ浄化を依頼してくださいね。 では占い師にカルマの浄化を行ってもらう時は、どのような質問や要望の伝え方をすると良いのかをご紹介しましょう。

恋愛の悩みを解消したい

異性運が悪かったり、愛し合って結婚したはずの夫婦仲が冷めきっていたりと、恋愛に関する人間関係の悩みは、カルマの影響が現れやすいものです。恋愛関係とはとても深い人間関係であり、相手と前世からの因縁がある可能性が高いのです。 特にカルマの影響が大きいのは夫婦間の不仲です。仲が悪いのに離婚しない夫婦は前世でも夫婦であったことが多く、夫婦仲がうまくいかないからこそ、うまくいくようになるまで何度でも夫婦となることを繰り返すといいます。付かず離れずの恋人間にも同じような縁があると言えます。 また異性運の悪さは前世に自分が異性に対して行った行為がカルマとなり、現世に降りかかっていることが考えられます。 カルマを浄化することによって、配偶者や恋人との関係の改善や、理想的な異性との出会いの訪れを期待できるようになるでしょう。

人間関係を改善したい

人付き合いが苦手でいつも人の顔色を伺ってしまったり、周囲の人間に恵まれないと感じていたりする場合、人間関係に関するカルマを背負ってしまっている可能性があります。 カルマ浄化を行うことによりあなた自身の考え方に変化が現れ、それは周りの人にも影響を与えます。人との接し方が変わり、周りに助けられることが多くなり、新しい道が見えてくることでしょう。

前向きになりたい

理由もなく不安ばかりを抱えてしまうのは、カルマの影響が大きいと考えられます。積み重ねられたカルマによって魂に負荷がかかっている状態では、前向きになろうとしてもなかなかなれません。 原因がはっきりしているものならその原因を失くせばいいのですが、理由がわからない不安に襲われることが多いのであれば、カルマ浄化を試す価値があります。 カルマを浄化することによって物事を前向きに捉えることができるようになり、人生観にも変化が現れることでしょう。

カルマ浄化は電話占いでもできる?

みん電占いにはカルマ浄化を行ってくれる占い師が在籍しています。占い師はあなたの氏名や生年月日などの情報や、あなたの声から伝わる波動を元に前世から受け継ぐカルマを視て、浄化の作業を行います。 電話を通して浄化作業を行うためには優れた能力が必要とされますが、電話占いの占い師は厳しい条件をくぐりぬけて採用された先生方ばかりなので、安心してカルマ浄化を行ってもらうことができます。 電話占いなら直接顔を合わせないで済むので、面と向かってでは話しづらい悩みや相談事も話しやすいと好評です。

まとめ

カルマ浄化が人生を明るくするために、どんな役割を果たすかがご理解いただけたでしょうか。 電話占いでは不倫、浮気問題などの深刻な恋愛相談から、開運、才能開花などの前向きな相談まで幅広く対応しております。どれもカルマ浄化によって改善が見込めるものですから、独りで悩みを抱え込まずにご相談ください。 カルマ浄化を含む様々な占いやヒーリングを受けるなら、人生を変えたいと思った時がチャンスであり最良のタイミングです。迷い考え続けるよりも、まずは行動を起こしていくことをおすすめします。