来世

来世とは?

来世について

占いやスピリチュアルに興味がある人なら、来世や前世という言葉を聞いたことがある人は少なくないでしょう。 前世は今の人格として生まれる前の人生を示すものですが、来世はその対をなすもの。つまり今の人格としての人生を終えた後に、肉体を離れた魂がたどり着く次の一生、あるいは世界のことを来世と言います。 来世は人だけに限らず、犬や猫、その他の動物にもあると言われます。 今回は肉体の死を超えた向こう側にある来世という概念について、また来世を占う占術について詳しくご紹介いたします。

宗教によって違う来世のとらえ方

来世と一言で言っても、宗教によってその捉え方は様々です。日本で主に信仰されている宗教は仏教と神道ですが、この2つの宗教の間でさえ、来世に対する考え方には隔たりがあります。 来世という言葉そのものは仏教の三世(前世・現世・来世)に由来していますが、仏教には多くの宗派があり、宗派によっても来世に対する解釈は少しずつ異なります。 人は生前の行いによって来世で行く場所や、何に生まれ変わるかが決まるので善行を積むべきと説く宗派もありますし、来世に期待はせず現世を精一杯生きることが正しいとする宗派もあります。 しかしいずれにしても、仏教による教えは転生を前提にした考え方です。 一方神道においての来世とは、常世と呼ばれる死後の世界のことを指しています。つまり1度死を迎えたものは生者として転生せずに、死後の世界で来世を過ごすことになります。 これは神道が死という事象自体を「穢れ」としてタブー視していたため、死後の世界が人々に善悪を説くための材料にならなかったことが要因とされています。 またヨーロッパやアメリカで発展したスピリチュアリズムの世界観による転生という概念は、人間だった魂が次に生まれ変わるのも人間と決まっていて、人間以外の動物に生まれ変わることはないと考えられています。 スピリチュアリズムでは1つの魂が何人もの人間として生きることを繰り返し、その中で苦楽を知り、知恵や慈愛を学び、やがて魂が成長することによって肉体を持つ必要がなくなり、霊的な高みへ登っていけるようになるとされています。

輪廻転生について

前世や来世の話題になった時に、同時に登場するのが輪廻転生(りんねてんせい、りんねてんしょう)という言葉です。 輪廻転生は死後にあの世に戻った魂が、この世に幾度も生まれ変わることを指します。この概念はインドやアジアの宗教だけではなく、古代ギリシャの哲学や思想、イスラム教の一部の宗派の思想にも共通する部分があり、世界中で見られる宗教的概念です。 現在は輪廻転生という1つの言葉として使われることが多くなっていますが、元々「輪廻」と「転生」は似てはいるものの別の概念で、「輪廻」は生まれ変わるものの形態に違いがあるという場合、「転生」は人間は人間にしか生まれ変わらないという場合に用いられる言葉です。 「輪廻」はインド哲学に基づく思想であり、魂は人間に限らず様々な生き物として生まれ変わるもので、生前のカルマによって次に生まれ変わるものが決まり、カルマを浄化するために生まれ変わりを延々と繰り返すとされ、輪廻を苦であると考えます。 そのため輪廻において目指すところは、もう生まれ変わる必要がなくなる解脱(げだつ)という状態です。解脱を遂げた人物として最も有名なのは、仏教の開祖であるお釈迦様でしょう。 「転生」は概ね「輪廻」と同じ意味を持ちますが、肉体の死後に魂や霊体は違った形や異なる肉体を得て、新しい人生を送るという概念です。 転生は輪廻のように苦とは見なされず、純粋に死者が生まれ変わることのみを示していることもありますし、むしろ魂の成長を得られる喜ばしいものとして前向きに捉えられることもあります。 スピリチュアリズムや神智学で語られる魂の生まれ変わりの概念は、こちらの転生に当てはまるものです。

来世は既に確定している?

世界中の様々な宗教に生まれ変わりの概念が存在することや、その捉え方に違いがあることについては先程もご紹介しましたが、1つの魂が生まれ変わり現世から来世に向かう理由にはある共通点があります。 それは魂が生まれ変わりを繰り返すことにより、カルマが浄化され魂が成長するという考えです。 生き物、特に人間は生前の行いにより善悪入り混じった様々なカルマを抱え、来世はそのカルマを浄化するために迎えるものと考えられています。良いカルマを多く積めば良い来世を迎えられますし、悪いカルマを多く積めば来世は苦労が絶えないものとなると言われています。 つまり現世を生きる人間の来世は現時点で確定しているわけではありません。今の人生をどう生きるかによって、来世は変わっていきます。来世とは現世の生き方に対する対価のようなものですから、来世に期待するのならまずは現世を大切に生きなければなりません。

来世を占うことでわかること

来世とはそれだけで独立しているものではなく、前世と現世があってこそ成り立つ概念です。前世にとっての来世とは現世であり、現世は来世にとっての前世であり、生き物として生まれ変わりを繰り返す限りこの3つは必ず繋がっているものです。 そのため来世を占えば、輪廻転生の中で受け継がれる魂の特性や本質、自分に課せられた使命、魂が誕生した時から続く因縁などについて知ることができます。 来世占いはどんな来世を迎えるかを知るためというより、来世を占った結果を現世の人生にどうやって活かしていくかを考えることが大切です。

自分の魂の本質

来世を占うことによって現世を生きる人間としてだけでなく、魂そのものの特徴や個性を知ることができます。来世に何者に生まれるかどうかは不確定でも、どんな性質を持って生まれるかは魂の本質によってある程度決まっているのです。 この世に生まれたばかりの赤ちゃんにもそれぞれ異なった個性があるのは、前世から引き継がれてきた個体差があるからといわれます。来世と現世の共通点を見つけることにより、あなたが生まれて来た時から持つ先天的な個性を知ることができるでしょう。 自分の魂の本質を知ることは、自分の適性を知ることにも繋がります。転職で迷っている時や、婚活を考えている時には適性を知ることによって、どのような職業や結婚相手が自分に合っているかが判断できます。

自分が背負う使命

すべての魂は何らかの使命を持ってこの世に生まれてくるといわれます。まずはその使命に気付くことが生まれ変わりの第一段階の目標です。どんな使命を背負っているのかに気付くことができれば、使命を達成するための道を見つけやすくなります。 もしあなたが今自分という人間に違和感を感じているのなら、それには何らかの意味があると考えられます。たとえば心は女性なのに男性の体を持って生まれたり、理由もなく自分がいるべき場所はここではないと感じたりするなら、それはあなたの魂が背負う試練を乗り越えるという使命と言えるのです。 自分の来世を知れば、現世で自分が辛い試練を乗り越えた先に、どのような境地にたどり着けるのかが見えてくるでしょう。それはあなたに付きまとう因果から抜け出すことにも繋がります。

ソウルメイトやツインレイ

生まれ変わりを繰り返す中で何度でも出会い、お互いに何らかの影響を与えながら同じ時代を生きるソウルメイトやツインレイと呼ばれる相手は、あなたと魂のレベルで繋がっている人物です。 現世で出会ったソウルメイトやツインレイは来世でも出会うことになり、あなたと深い絆を結びます。絆の形態は様々で、現世では恋人同士であっても、来世では親子として出会うこともあるでしょう。 来世を占うことにより、現世であなたに縁のある人の中にソウルメイトやツインレイがいるのかどうか、またソウルメイトやツインレイとの絆をさらに深めるためにはどうしたらいいのかを知ることができます。

来世占いをするときに占い師に伝えると良いこと

自分の来世を知りたい時は、誕生日や生まれた時間を入力して簡単に占えるゲーム感覚のものもありますが、透視能力や霊視能力を持つ占い師に頼るとより精度の高い占いが受けられるでしょう。 それでは来世占いを受ける時には、どのような質問や要望を伝えればより良い占いが受けられるのかをご紹介しましょう。

自分の生き方に疑問を抱いた時

今の仕事をこのまま続けててもいいのかと感じていたり、自分の進路に悩んでいたりする時は、来世を占うことによってあなたが進んでいる道が本当に正しいのかどうかを知ることができます。 現世でカルマを浄化できなければ、そのカルマは来世に持ち越されます。また現世で罪を犯せばそれは悪のカルマとなって、来世に影響を及ぼすでしょう。その反対に今はどんなに辛くても進んでいる道が正しいのなら、来世には良い影響が現れます。 来世を知ることは、今のあなたの生き方があなたの魂を成長させるものであるかを知ることに繋がります。

恋愛や人間関係に悩んでいる時

恋人や配偶者、両親、親友や因縁のライバルなど、あなたと現世で深い繋がりがある人は来世でも出会う可能性がある人物かもしれません。相手とあなたは魂で引き合う運命にある可能性があるのです。 ただし魂で引き合うからといっても、すべてが順調にいくわけではありません。そこには成長のための試練もあるでしょうし、お互いに生まれ育った環境の違いや後天的な個性がありますから、どうしても分かり合えないこともあるでしょう。 そのため現世では相手と疎遠になったり、別れてしまうこともあったりするかもしれません。しかしまた来世で出会うとしたら、その時により良い関係を結ぶために現世のあなたができることなどを、来世占いで知ることができるでしょう。

来世占いは電話占いでも占える?

電話占いには来世占いができる占い師も在籍していますので、もちろん占いを受けていただくことが可能です。 優れた霊視能力を持つ占い師はたとえ電話越しであっても、相談者の来世を的確に占うことができます。電話占いの占い師は厳しい条件を乗り越えて在籍が認められた実力のある方ですから、安心して占ってもらうことができますよ。 また来世占いの結果を基に現世での生き方に関するアドバイスがもらえるので、中身の濃い占いを受けることができるでしょう。

まとめ

人や生き物は生まれ変わりを繰り返す中で、様々な知恵や経験を得ていきます。現世の人生も大切ですが、せっかく生まれ変わるのであれば来世はより素晴らしい人生を歩みたいものですよね。そのためには現世でどれだけ多くの知恵や経験を得て、善行を積めるかが重要となります。 来世を知ることによってわかるのは、今のあなたが正しく生きることができているかどうかです。もし正しい生き方、善い生き方ができていないなら、改善点を見つけて治していくようにしましょう。 みん電占いなら来世を占うだけでなく、その結果を踏まえたアドバイスや悩みに対する解決方法も示してもらうことができます。対面式よりも緊張せずリラックスした気持ちで占いを受けられるので、プロによる占いやカウンセリングにあまり慣れていない方でも、安心して占いが受けられるのでおすすめです。