初回登録

ann先生監修 邪気を祓う「桃の節句・ひな祭り」 女性絡みの嫉妬や恨みをリセットしましょう!

ひな祭りコラム

3月3日(金)は【桃の節句・ひな祭り】

3月に入ってすぐにある季節のイベントが、桃の節句・ひな祭りですね。
お子さんのために飾り雛を毎年出しているという方もいれば、女の子の成長を祝う行事のため、大人になってからは自分で楽しむイベントとしては遠ざかってしまっているという方もいらっしゃることでしょう。

また、ひな祭りの行事は、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物、ひし餅にひなあられと、食べ物で楽しむという方も多いかもしれませんね。

ひな祭りというと、やはり真っ先に思い浮かぶのが雛人形や桃の花だと思いますが、 元々は厄を払う儀式が行われていたことはご存知ですか?

ひな祭りのルーツとは?桃の節句とは何か?
また、どんな力があるとされる日なのか……?

今回は、ann先生にこの桃の節句・ひな祭りについてお話を伺ってみました。

桃の節句・ひな祭り×ann先生
女性絡みの嫉妬や恨みをリセットしましょう!

イメージ画像

こんにちは、鑑定士のannと申します。

最近少しずつ春らしさが増してきて、3月3日は心ときめく「桃の節句・ひな祭り」ですね。
真っ赤な雛壇に賑やかなお供、艶やかなお雛様とお内裏様のお似合いのカップル。
女の子の夢を描いたような幻想的な光景です。

そんなひな祭りの発端はなんと昔の中国にあります。
一年の中には運気の変わり目の特別な日=「節句」が5回あり、その中の一つ3月3日の「上巳の節句」に、魔除けの効力があるとされる桃の花を用いて、厄払いを行っていたのが桃の節句と呼ばれる由縁だそうです。

その風習が日本に入ってきたとき、紙で作った人形を川に流してまじないをしたことが、ひな人形のルーツです。
この人形は形代(かたしろ)と呼ばれ、生まれてきた娘の身代わりとして、災厄、穢れをうつして逃す、という呪術的役割が高いものでした。

人形たちは今では愛らしい飾りびなとして受け継がれていますが、それらは本来は厄払いの意味があり、この桃の節句は特に女性性に関する魔を祓うことでは、最大の効果を上げることができる節目と言われています。

ひな祭り前の木々が芽吹く木の芽時は、陰から陽に移る頃。
徐々に世の中に邪気を祓う桃の節句のパワーが満ち、同時に魔が浮き上がってくる時期に入ります。

そうすると、普段隠れている女性がらみの嫉妬や妬みなど、ネガティブな念を表面に押し出しますので、もしかすると少し不安を感じたり、トラブルに巻き込まれる方もおられるかもしれません。

しかしそれらも一時的なこと。桃の節句が来れば、祓いのパワーは一気にあなたにまとわりつく念や不浄を清めてくれます。

ですから何もしなくても心配ありませんが、ちょっと意図して儀式を行うことで、浄化の力を最大限利用することができますよ。

1.ハートが桃色の光で満たされている様子を意識する。

2.それがどんどん大きくなり、体全体に広がり、強く輝く様子をイメージする。

3.「おおかむづみのみこと」と心の中で3回唱える。
~意富加牟豆美命(おおかむづみのみこと)は桃の神様で、古事記にも出てくる邪気を祓う神~

ひな祭りの前後一週間は、特に祓いの力が高まる時期です。上記の方法に加え、桃のアイテムを身につけたり飾ったりすることも効果的ですよ。

ぜひあなたも桃の神様に祈り桃の節句のパワーを感じてみてくださいね。

このコラムを執筆したann先生
願いが運命に変わる!運命を癒し未来へ導くヒーラー系占い師
ann先生写真

ann先生

4.98
4653
1540

鑑定料:444円/分

鑑定中
|

親身になってくれる所

2024/06/09 投稿

無料会員登録はこちら