マントラ

マントラとは?

マントラの意味

マントラとは、賛歌・祈り・呪文などの宗教的な意味を持つサンスクリット語の言葉です。日本語では「真言」と呼ばれ、仏や菩薩の教えや誓いなどを秘めている呪文のような語句です。 「マン」とは考えること、「トラ」とは嫌なことから解放されることをいいます。したがって考えることで心を安定させ、嫌なことから解放されるという意味です。 マントラは全体的に「言霊」と似たような意味を持ちますね。マントラと聞いてもピンと来ない人が多いと思いますが、 私たちに最も身近なのが般若心経ではないでしょうか。 「羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶(ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか)」というのを聞いたことはありませんか?これは全てマントラです。意外にも身近な言葉にマントラは含まれていたのですね。

マントラはどんなときに使われる?

インドでは、学校で授業の最初と最後にマントラを唱えます。また体育の授業中ではマントラを唱えながら行うこともあります。インドでは、マントラが学校教育の一部となるくらい身近なものなのです。

マントラの効果

マントラは唱えることによって心を安定させて、自身の邪気を払うことができます。マントラの効果を得るためには長時間および長期間に渡って繰り返し唱えなければなりません。 マントラを繰り返し唱えることで、精神世界がマントラと繋がることができるとされています。そのためには、マントラの意味を正しく理解して、正確な発音・唱え方に沿って唱えましょう。

マントラの一例

具体的にはどんなマントラがあるの?と思っている方に向けて、マントラの一例を紹介します。 ・観音菩薩のマントラ「オム・マニ・ペメ・フム」…悟りの境地に達する ・不動明王のマントラ「ノウマク・サマンダ・バザラダン・センダマカロシャダ・ソワタヤウンタラタ・カンマン」…悪と煩悩を鎮める。願い事を全て叶える。 ・愛染明王のマントラ「オン・マカラギャ・バゾロシュニシャ・バザラサトバ・ジャクウン・バンコク」…縁結び、家庭円満

電話占いにおけるマントラ

電話占いの鑑定師にもマントラを使用する方がいます。「マントラを使用して人生を豊かにさせたい」「マントラの意味を知りたい」「自分に合ったマントラはどれだろう」という方はぜひ電話占いにて鑑定をしてもらうことをおすすめします。 電話占いでは、占い師との対話を通し、悩みや問題を根本から見つめなおしていくことが特徴となります。面と向かってでは話しにくい話題も、電話占いならつい話せてしまうと、多くのお客様にご好評頂いております。もしあなたに誰にも言えないような悩み事がありましたら、ぜひ電話占いをご利用ください。