シンクロニシティタロット

シンクロニシティタロットとは?

シンクロニシティタロットについて

タロット占いは、偶然引いたカードが悩みに対する答えを導いてくれます。でも、そのカードはただの偶然で示されたものではなく、シンクロニシティが関係していることがあるのです。 シンクロニシティタロットでは、一見偶然に見える物事が、重要な運命の鍵を握っていることがあります。シンクロニシティだと考えて、カードを読み解くことで、実現したい未来を引き寄せることができるのです。

シンクロニシティとは

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」のことで、元々は心理学用語です。19世紀の心理学者であるカール・グスタフ・ユングが使い始めた言葉で、関係のないように見える物ごとが、実は関係していたり、繋がっていたりするということです。 例えば、古い写真を見返していたら、写真に写っている友人から連絡が来たというときには、シンクロニシティがおこっているのです。 ドラマなどで、登場人物が事故にあうシーンを間接的に表すために、写真立てが倒れたり、プレゼントされたカップを割ってしまったりという演出がされることがありますよね。それも、シンクロニシティが取り入れられています。

タロット占いにはシンクロニシティが関係している

カードからのメッセージを読み解いていくのがタロット占いです。占い師が引いたカードは偶然引いたように見えますが、結果を引き寄せて引いているので、そのカードは相談者の未来と「意味のある偶然の一致」が行われているのです。 占い師が引いたカードの意味はそのときには確認できないこともありますが、心に留めておくことでシンクロニシティに気付くことができます。 また、シンクロニシティは相談者が自分の潜在意識では迷いに対する答えが出ているのに、自覚していないという場合にも感じることができます。 自覚していなくても、心の中では結果を決めて、無意識にそれに向けて行動しているので、カードからのメッセージを伝えることで、自覚を促しはっきりとした未来のビジョンが見えるようになるのです。

シンクロニシティの活用法

シンクロニシティは日常の中にもあり、それに気付けるかどうかで良い運勢をつかめるかが違ってきます。いつもと違う道を通りたくなった、いつも買い物するお店とは違うお店に入りたくなったなど、普段と違う事をしたくなるのはわかりやすいパターンです。 直感に従って行動することで、意味のある偶然に出会うことができるでしょう。いつもと違う行動に直感が働くときには気付きやすいのですが、いつもと同じ行動の中でシンクロニシティに気付くのは難しいかもしれませんよね。 シンクロニシティタロット占いで出た結果を意識するようにすれば、普段の生活の中でもシンクロニシティに気付きやすくなり、チャンスを逃さずに行動できますよ。

シンクロニシティタロットはこんな人におすすめ

タロットでは、シンクロニシティを取り入れることで運命的なカードからのメッセージを受け取ることができますが、カードのメッセージを受け取るためには質問も具体的に行った方が良いでしょう。 漠然とした質問には漠然とした答えしか返ってこないので、結果が出ても、自分が本当に知りたい部分はもっと具体的だったのに……ということにもなりかねません。 質問を絞り込むことで、的確なメッセージを受け取ることができます。また、シンクロニシティがどの部分に働きかけているかも見つけやすくなります。

好きな相手に振り向いてもらえるか

タロットカードは、相性占いによく使われる手法です。相手があなたをどう思っているか、どんな行動をすれば両想いに近付けるのかといったメッセージを受け取ることができます。 シンクロニシティタロットも恋愛での相性占いに力を発揮します。好きな人と偶然町で会った、好きな色が同じだったなど、偶然の一致があれば占ってみましょう。その偶然は、あなたと相手の好意が引き寄せているのかもしれません。 シンクロニシティタロットでは、漠然とした内容ではなく答えがはっきり出る聞き方をした方が、カードのリーディングがしやすくなります。 「彼との相性は?」と聞くのではなく「彼に振り向いてもらうためにどんなことをすればいいか?」「デートに誘うならどのタイミングがいいか?」という具体的な質問をするようにしましょう。

疎遠になっている人のことが気になる

しばらく会っていない人のことが気になるという場合には、そのこと自体がすでにシンクロシティかもしれません。もしかしたら、相手も同じようにあなたと連絡を取りたいと思っているかもしれません。 気になる相手と連絡を取ることで、悩みが解決したり、運命がいい方向に進んだりするということもあります。シンクロニシティタロットで占うことで、相手と連絡を取った方がいいのかのアドバイスを受け取ることができます。 気になった友人本人ではなく、その友人との共通の友人や、住んでいる場所に問題解決のヒントが隠れているパターンもあります。 気になった友人がどうしているかという占い方ではなく「疎遠になっている人のことが気になるが、何か意味があるのか」という質問で占ってもらうと良いでしょう。

迷っていることがある

シンクロニシティタロットは、潜在意識の奥にある気持ちが、偶然という形で行動にあらわれる場合もあります。自分では偶然だと感じていることも、実は潜在意識が無意識に取らせた行動ということですね。 迷っているときには、自分の心の中で本人が気付かないうちに答えを見出していることも多いので、シンクロニシティタロットで、「○○と□□で迷っているが、どちらを選べばいいか」というように、具体的に迷っていることを伝えて占ってもらいましょう。 占いで迷っていることを決めるなんて人任せみたいで抵抗を感じるかもしれませんが、シンクロニシティタロットでは、選んだ結果はあなた自身が心の奥で望んだ結果なのです。 1人で迷っていてもストレスが大きくなるだけという場合もあるので、シンクロニシティタロットを取り入れることも考えてみてくださいね。

シンクロニシティタロット占いをするときに占い師に伝えると良いこと

シンクロシティには潜在意識が作用していることもあるので、日常生活でシンクロシティを感じたことがあるかどうかも大切な要素になってきます。 同じ相手とシンクロニシティが起こったり、同じ場所で起こったりする場合には、そこに相談者の悩みを解決するヒントが隠れているかもしれません。シンクロニシティタロットと日常で起こるシンクロニシティを組み合わせることで、具体的なアドバイスをすることもできるようになります。

シンクロニシティを体験した経験は?

シンクロニシティは、普段の生活ではあまり気付かないうちに経験しているという人もいます。もし、自分で最近シンクロニシティを感じる出来事があったという場合には、占い師に伝えておきましょう。 それによって、あなたがシンクロニシティが起こりやすい状態にあるのかどうかも視野に入れて占うことができます。シンクロニシティの経験がまったくないという場合には、気付きにくいタイプなのかもしれませんね。 占いの結果が出た後にはそのアドバイスをしっかりと胸に留め、「この偶然は、もしかしたら意味のあることかも」と考えるクセを付けると、シンクロニシティを引き寄せやすくなりますよ。

出てきた結果を素直に受け止める

占いで悪い結果が出てしまうと、くじで「ハズレ」を引いてしまったような、がっかりした気持ちになってしまう人もいるのではないでしょうか。占いでは、良い結果が「ラッキー」、悪い結果が「アンラッキー」というわけではありません。 良い結果でも悪い結果でも、それは、カードからあなたへのメッセージなのです。シンクロニシティタロットでは、出てきたカードはくじのように「偶然」引いたように感じていても、意味があるカードなのです。 どんな結果であっても、それが今の状態を表しているだということをしっかりと受け止めるようにしましょう。結果をしっかり受け止めることで、その先の対策を考えることができるようになるのです。

シンクロニシティタロット占いは電話占いでも占える?

遠く離れた場所にいる2人が同時に同じことを考えた、という場合もあるように、意味のある偶然の一致というのは、同じ場所にいなくてもおこるものです。 ですから、シンクロニシティタロットも、相談者と占い師が必ずしも対面しなければならないわけではありません。むしろ、シンクロニシティには潜在意識への呼びかけが必要な場合もあるので、リラックスできる場所で占いを受けてもらうことも大切です。 電話での占いなら、相談者は自分の部屋などの普段過ごしている場所から占いを受けることができ、リラックスした環境を作りやすくなります。

まとめ

シンクロニシティという言葉は難しく感じるかもしれませんが、わかりやすくすると「実は、偶然だと感じていた事にも意味があった」ということです。日常生活で感じる偶然すべてに意味があるわけではありませんが、なんとなく気になる出来事があれば、それはシンクロニシティかもしれません。 運命を占うタロットカードには、シンクロニシティが大きく関係してきます。偶然引いたように見えるカードも、実は意味があって、決してくじのように「あたり」「はずれ」で引いたわけではないのです。 シンクロニシティタロットでは、占いで出た結果が自分にとって好ましいものでも、嫌なものでも、結果を素直に受け止めることが大切です。たとえ嫌な結果であっても、それを受け止めることが、運命を切り開くために必要なのです。 シンクロニシティタロットは、対面だけでなく離れた場所や電話越しで占うことができます。占いをするときには占い師の能力も必要ですが、相談者のコンディションもとっても大切。 雑念ばかりだと、占い結果にも迷いが出てしまいそうですよね。電話占いでは、目からの情報がない分、電話越しに伝わる占い師の声に集中しやすくなるというメリットもあります。