初回特典

音羽先生監修 蟹座の新月 悪い縁を断ち切り 必要なご縁を結ぶ準備をしましょう

蟹座の新月

6月29日(水)は蟹座の新月!

7月が迫り、梅雨明けが待ち遠しくなってまいりましたね。

季節の変わり目であるこの時期に、寒暖差や安定しない天気によりなんだか疲れを感じている方は、月のパワーを借りて気持ちを切り替えていきましょう!
今回も、新月についての先生の特別コラムをお届けいたします。

6月29日(水)は、11時52分頃蟹座の新月となります。
その【蟹座の新月】について、今回は『音羽先生』にお話しを伺ってみました。

この新月は、私たちに何をもたらしてくれるのか、何をすべきときなのか……?
二つの力を宿す月の力を利用して、自分を整える方法について教えてくださいましたので、是非ご覧くださいませ☆

蟹座の新月
×
音羽先生

イメージ画像

月の力を利用して、自分を整えましょう。

はじめまして、占い師の音羽(おとわ)です。
私は宿曜教をベースにした占いをしております。
宿曜教は星座の代わりに宿というくくりで占断します。
宿には27宿あるのですが、そのほかに隠れた宿が一つあり、本来は28宿と言われ、月の周期の28日に縁があるとも言われています。

月の満ち欠けの力は、運気や、金運、人との繋がりを整える力とタイミングを、皆に平等に与え、教えてくれます。
そして、力が強くなる満月・新月の頃は、かかわる星座によって、何に力を与えてくれるのか、助けてくれるのか、それぞれ特徴があります。

次に訪れる6月29日の蟹座の新月の月は二つの力を宿します。

ひとつ目は断捨離の新月と言われる力です。
まず、イヤなこと、悪縁や悪い習慣を、自分から断ち切る勇気をもって行動することを後押しします。
この時期の行動はスッパリと思い切ることができます。
もちろんお部屋の断捨離もスムーズに事がすすみますよ。
イヤな事、いらないもの、悪い縁をスッパリ切って、ご自身に本当に必要なご縁を選んだり、新しい縁を結ぶ準備をするための時に使ってくださいね。

ふたつめは蟹座の影響で月の力が家族や近しい人との影響を整えます。
身近な人との縁を調整し、身近な人の幸せのために動くあなたに力をくれる月です。
あなたが自分以外の近しい方の希望を叶えるお手伝いをすること、人のために使う力が幸運を運んで来てくれるのです。

この新月の影響が始まる27日からピークは29日の23時52~53分。
30日が終わるまでに、今すぐに動き出せない時は、断捨離したいこと、良くしたい事リストを紙でもスマホのメモにでも書いておくことでOKです。

注意したいのは、22年の6月・7月は運気が重めなので結果がすぐに出にくい時ということ。
焦らずにしっかり考えて行動につなげてくださいね。

焦らなくて大丈夫です。この期間に決意することが大事です。

あらゆるものに関わりのある月、不思議な月の力は皆様に平等にふりそそいでいます。
その力を受け取って、自分の運気を良い方に動かすパワーにしましょう!動き始めるあなたを応援しています。

このコラムを執筆してくださった先生

先生画像

音羽 先生

独自で築いてこられた命術・卜術と、鑑定が進むにつれ降りてこられるビジョンや言葉の数々で、とても密度の濃い鑑定が受けられます。
お伝えいただいたビジョンや言葉の謎を一緒に解こうとすることで、一気に視界が開けることでしょう。

キャリアコンサルタントとしてもご活躍されておられますので、ご希望をいただく方にはより現実的なアドバイスをいただくことも可能ですよ。
運命に遺されたご縁を遡り、幸せへのきっかけを見つけてくださるはずです。ぜひお心を開いていただき、お悩みを吐き出してくださいね。

無料会員登録はこちら