マヤ暦

マヤ暦占いとは?

マヤ暦占いの特徴

マヤ暦占いは、マヤ文明が使っていた「マヤ歴」というカレンダーを使い、生年月日からその人の運勢を占う占術です。 マヤ暦占いでは、自分の運勢を知ることで、日常生活に活かしていくということができます。その活かし方は多岐にわたるので後ほどご紹介いたします。次に、マヤ暦というカレンダーは普通のカレンダーとはどう違い、なぜその生年月日から運勢が分かるかをご説明します。

マヤ暦とは

マヤ暦文明の人々は、15~20種類ほどのカレンダーを使っていたとされています。マヤ暦占いでは、複数あるカレンダーの中でも、神官という神に仕える役職だった人が使っていた「ツォルキン歴」というカレンダーを使用します。 「ツォルキン歴」は、13種類の銀河の音が意味する周期から示される日にちと、20種類の神様の周期から示される日にちの2つから構成されています。(13の銀河の音と20の神様の話は1990年代に後から意味づけされているという説もあり、最近はその説の方が有力です。) それぞれの組み合わせで異なる意味をもつので、13×20で計260日周期のカレンダーとなっています。また、銀河の音と神様はそれぞれエネルギーを持っているため、260日それぞれ異なるエネルギーの組み合わせとなります。そのため、このカレンダーで生まれた日を知ることで自分がどのようなエネルギーを持っているのかを知ることができ、運勢を占うことができるのです。 では、その13の銀河の音がそれぞれどのような意味を持っているかを簡単にご紹介いたします。

13の銀河の音

「1」…判断が早く、思考よりも行動を重視するタイプ。 「2」…たくましく、強い思いを持ち困難を乗り越えていく力を持っている人。 「3」…違う価値観や性質をうまく組み合わせることができる、観察力と創造力を持った人。 「4」…探求心が強く、何事にも執着してしまうほど、知りたがりの人。 「5」…オンオフの切り替えができ、普段がのほほんとしているけれど、やるときはやるというタイプ。 「6」…マイペースで自分のリズムを大切にする、良く言うとぶれないメンタルを持つ人。 「7」…周囲の変化や情報に敏感に反応することができるアンテナを持つので、情報通となりやすい人。 「8」…愛情深く、懐が大きいので、よく人に世話を焼いたり人との付き合いを大切にする人。 「9」…とにかくポジティブで周りの人間にも元気印として、活力を与えることができる人。 「10」…0→1ではなく、1→10にするのが得意な人。人のサポートや長所を見つけることが得意である人。 「11」…自分のスタイルをつらぬき、突き進めるほど自信に満ち、頑張りぬける根性のある人。 「12」…人当たりが良く、相談などにも丁寧に答えるため、その人のことを嫌いになる人はいないようなタイプ。 「13」…自分に対して絶対的な自信を持っていて、秘めている才能は数知れない、物語の主人公のような人になれる素質がある人。 このように、13の数字にはそれぞれ意味が込められており、自分がどのような人物であるのか大まかに知ることができます。 では、自分の持つエネルギー知ることで、日常生活へどのように活かすことができるのでしょうか。

マヤ暦占いの日常への活かし方

マヤ暦占いのアドバイスは悩み事などの、単純な物事の善し悪しを判断するのではなく、自分の生まれ持ったパワーや宇宙のダイナミズムから運勢を占うので、自分だけのための、確実に行動まで結びつけるようなアドバイスができます。

自分の感性や生来的な考え方が分かる

自分を理解することで自分の才能や性格を把握しましょう。 どの分野でどのような頑張り方をすればいいかが分かれば、活躍の場を広げられるかもしれません。また、何が苦手か、どのようなことが受け入れられないかもわかるので、余計な苦労をせずに、自分に合った生き方を見つけることができます。

自分以外の人も生年月日が分かれば占える

家族との関係に上手くいってなくても、占いで他人言われて何かに気付くこともあるでしょう。恋人の少し理解できないところも、その背景や人柄全体が分かれば愛おしくなるかもしれません。

他人との相性が分かる

気になる人との相性を知ることができれば、どう距離を詰めていけばいいかも見えてきますし、何か問題があった時も問題なく対処できるでしょう。

ライフステージごとの運勢が分かる

人はみな、宇宙のダイナミズムの一部として生きています。宇宙がどのようなリズムを刻んでいるかを知ることができれば、自分がそのリズムにどう影響を受けるかもわかり、自分の運勢を知ることができます。 しかも、宇宙のリズムは数年単位で分かるので、何年後までに何か大きな災難が起こりそうか、どのようなことを意識して生活すればいいか、結婚などのライフイベントはいつごろが最適かなども見えてきます。

マヤ暦占いは電話占いでも占うことができる?

電話占いでもマヤ暦占いを体験していただけます。まずは電話を通してあなたの生年月日をお聞きし、その後電話越しにて占いの結果をお伝えします。電話占いは、占い師との対話を通し、悩みや問題をお聞きしながら鑑定しますのであなたの心境に沿った結果をお伝えすることができます。

まとめ

いかがでしょうか。マヤ暦占いではこのように古代のカレンダーをもとに、自分が生まれた時に宇宙からもらったエネルギーを知ることで自分の運勢を知ることができ、さらにはライフステージごとにより良く生きるためのアドバイスをもらうことができるのです。 それを実生活に活かすために、具体的にどう動けばいいかなどを自分で考えれば、現在抱えている悩みや将来に対する不安を解消することができるでしょう。 マヤ暦占いは、インターネットで検索すれば簡単にできます。試しに一度検索してみて、少し気になったところがあれば、同じように生年月日を使った占いで占い師に相談してみてもいいかもしれませんね。 みんなの電話占いでは、同じく生年月日を使った占いを得意とする占い師が多く在籍しております。電話という話しにくい話題も無理に顔を合わせず相談できるので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。