星座占い

星座占いとは?

星座占いについて

生まれた時に太陽がどの星座の位置にあったかで自分の星座が決まり、その星座に込められた意味からその人の運命や性格、相性まで占うことができる占いです。自分の星座は誕生日ですぐに分かるので、現在でも世界中でポピュラーな占いとなっています。 世の中でよく言われる星座占いは、「西洋占星術」という星座占いを単純に分かりやすくしたものです。この「西洋占星術」は、ほぼすべての星座占いの基本となっています。

星座占いの歴史

紀元前のイラク南部に位置するバビロニアという地域での天体を観測する試みをもとに生まれました。その時代の人たちは、時計がなかったので、星を基準にして時間を確認していました。その上、天災や国自体の成り行きまでも星の動きで占っていたと言われています。 そのため、占星術そのものが学問として成立し、貴族の間では熱心に研究されていたようです。この時の占星術は、国の行く末を占うために発展していましたが、この時の文明が滅ぼされ、新しい国ができると占星術は国のためではなく、個人の運命を占うものになっていきました。これを、宿命占星術と言います。 やがてその新しい国も滅亡し、占星術師がヨーロッパ、そして世界に広めたことで、世界中で最も有名と言ってもいい占いとして世に普及していきました。

テレビでよく見る星座占い

では、毎朝のテレビの情報番組などでやっている星座占いはどのような占いなのでしょうか。少し仕組みをお教えします。 実は、朝のテレビ占いは、西洋占星術をものすごく簡単にしたものなのです。一言でその日の自分の運勢を順位と一緒に言われてしまうと、つい見てしまいますよね。 占いの方法として推測されるのは、太陽と月の関係と星の位置をそれぞれ当てはめて運勢を占う方法です。月は2日半で一つの星座を通過するので、その他の位置関係によって一日の気分や感情といったものを占えます。 しかし、本来、西洋占星術は太陽以外の9つの星(惑星とその他地球や月など)の位置を見定めて占うものなので、地球の公転による変化がすぐには表れませんし、一日を一言で表せるような鑑定結果は出ないのです。 ですので、西洋占星術で占いの結果をちゃんと出そうとすると1か月分の運勢をテレビの画面いっぱいの文字で伝えなければなりません。そんなことをしても視聴者はよくわかりませんね。視聴者は、朝の忙しい時間帯のほんの十数秒の間で一日の運勢を知って一喜一憂したいのです。 つまり、あの占いコーナーはもはや「占い」と言うよりも、簡素な「エンターテインメント」なのです。ですので、みなさんは、テレビの占いの仕組みは一応分かっておきつつ、結果を重く受け止めずにささやかに楽しみましょう。

星座占いの種類

星座占いの種類は大きく分けて2つあります。ここではその2つの星座占いを少しご紹介いたします。

西洋占星術

ほぼすべての星座占いの基本となる占術です。 西洋占星術は、「ある瞬間」の星の配置が、その時に地球上で起きた出来事や、その時生まれた人々に何らかの影響を与えているという考え方をもとに「ホロスコープ」と呼ばれる星の配置図を作成し、運命を読み解く占いです。 「ホロスコープ」は12の星座と太陽と月、水星、金星、火星、木星、土星、海王星、冥王星(旧惑星)の地球以外の9つの惑星と地表の位置関係を表す天体配置図です。 つまり、生まれた場所や生年月日を知ることで、その時の上記の星の位置関係で運勢を占うものです。

東洋占星術

東洋占星術は中国やアジアで発展した占星術で、四柱推命や九星気学を含む占いの総称です。また、西洋占星術とは考え方が少し異なり、占いの方法も異なります。 東洋占星術では、ホロスコープは使いません。人体星図という命式を生年月日から割り出して使用します。西洋で発祥した占いに東洋の文化が次々と盛り込まれて行きながら発展しました。

12星座それぞれが持つ意味

ここまで2つの占術をご紹介し、星座の位置関係を占いに利用することをご紹介してきました。しかし、星座にはそれぞれ星座そのものが持つ意味やその星座生まれの人の運勢や性格が存在します。 次は、その星座生まれの人がどのような性質を持つのかを簡単にご紹介していきます。

おひつじ座

行動力が強く、常に競争しトップを狙う姿勢がある人間です。強いリーダーシップを発揮できる才能を秘めていますが、アツくなりやすい分、その熱が冷めるのも早いかもしれません。

おうし座

地道にコツコツ頑張ることができる忍耐を持っています。折れない意志を持ち、堅実に成果を出すために確実に仕事をこなしていけます。また、精神的にあまりたぶらかされるような関係を持ちたがらず、家庭的な人という性質も持ち合わせています。

ふたご座

何でも知りたがり、器用にそつなく課題を解決していける人です。人と接するのも上手く切れ者でもあるので、人間関係を広く持つことができますが、少し考えすぎてしまうこともあるので、物事を決められず優柔不断となってしまうこともあるでしょう。

かに座

本来的に先輩気質があり、年齢や立場が上になるほど慕われて愛されるタイプの人間です。自らも愛情深い一面がありますが、一方で人を妬んでしまうこともあるかもしれません。

しし座

常に集団のリーダーとして組織を動かす人間になりたいと思う人です。自信に満ち溢れていて、行動や見た目が派手であろうとマイペースに振舞います。しかし、それは他人の目線を気に掛けるからこその態度であるともいえます。

おとめ座

礼儀を重んじ相手と自分に対して責任を感じやすく、ある意味ガラスのハートを持っている人です。心が広く、相手を思いやる人のいいタイプですが、相手にその姿勢が明らかに欠けているとわかるとその人を受け入れられなくなります。

てんびん座

仲間外れを嫌う平和な人間関係を好む人です。常に品を気にしつつよく考えてから行動するので、少しフットワークが重い人でもあるかもしれません。

さそり座

神秘的で言葉では表せない魅力を持ち、また、そのようなものを追い求めるのが好きです。一方で本当の姿は一途で情熱的な単純な感情や動機から形成される人間でもあります。

いて座

ポジティブでいつも動き回るエネルギッシュな人間です。多くのことを考える前に行動して人よりも大きな成果を得やすい反面、考えなしの失敗もあるので気を付けましょう。

やぎ座

他人にも自分にも厳しい完璧主義者なタイプ。相手に求めてしまうことが多く人間関係を築くのは少し苦手ですが、練習や積み重ねをしっかりと行うので、何かの大きな舞台の本番でも自信を持って振舞えるでしょう。

みずがめ座

少し普通の人とは違う考え方をする人です。そのため、その考えが突出して才能を発揮すると尊敬を集めることができます。また、自分が極端な分、人も認める優しさも持ち合わせています。

うお座

芸術家肌であり、頭で考えたことよりも感性を大切にする人間です。表に出てくることは稀ですが心では様々な感情が渦巻いています。感情や行動が流されやすく、少し受動的になりすぎてしまうこともあるので注意。

星座占いで占い師に伝えると良いこと

生年月日から星座は簡単に調べることができますね。 では、星座占いをしてもらう際には、基本の生年月日以外だと占い師にどのような質問や要望を伝えるとより良い占いが受けられるのでしょうか?

性格について

本来の自分はどういうものなのか、またどのような自分でありたいのか…。それらを読み解くことで、自分と向き合えることもあるでしょう。 また、今後さらに磨かれた自分になるため、ステップアップにも繋げるためにはどうすればいいのかなども占ってもらうことができます。

自分の未来に関すること

今年1年はどのような年になるのか。恋愛は?仕事は?いつ運気が下がって、いつ上がるのか?気になることはたくさんありますよね。 どのような年になるかで、注意すべきことや挑戦すべきこともしっかり見えてきます。充実した日々を送るためのヒントがたくさんもらえることでしょう。

人間関係について

相性占いに強いため、家族や仕事での人間関係についても気になることがあるのなら話してみると良いでしょう。その人の意外な一面も分かるかもしれませんし、関係改善の糸口が見つかるかもしれませんよ。

恋愛について

性格や恋愛傾向、相性占いも行える星座占い。もちろん恋愛についての質問も占い師に話して、占ってもらいましょう! 気になる相手との相性は?いつどのようにアプローチしたら良いか?など、アドバイスで良い方向に導いてくれるので非常におすすめです!

星座占いは電話占いでも占える?

血液型占いと似た感覚のものですので、もちろん星座占いは電話占いでも占っていただくことが可能です! 星座占いに強い占い師も電話占いに多数在籍していますので、性格や相性、運勢などをじっくり占ってもらうだけでなく、適切なアドバイスも受けられるのでおすすめですよ!

まとめ

いかがでしたか?簡単にですが、歴史や種類、12星座ごとの性格についてご紹介しました。 血液型占いのように、決してこの記事が一概に当てはまっているというわけではありません。似ているとか、当てはまるかも?と楽しんでいただけたら幸いです。ぜひあなたや気になる相手の性格をチェックしてみましょう!