初回特典

切ない香りの記憶に浸る秋

香りとともに思い出を振り返る時間

思い出したくないのに、ふとした瞬間のあの香りで好きだったあの人を思い出してしまうことってありませんか?
時に悲しく、特に切なくさせるきっかけとなる香りの記憶にまつわるエピソード。
少し切なるけれど、先生と一緒に思い出して切なさに浸る、そんな時間も大切…

あなたが思い出すのはどんな香りですか?

香水

香水
×
倭女 先生

大好きな彼はいつも香水を付けていて、私はその香りがとても大好きでした。
ある時ちょっとした事で喧嘩をしてしまい、仲直りしたくてもお互い素直になれず口をきかない日々が続き、数日たったある日急に海が見たくなり以前二人で歩いた海に一人で向かいました。

一人で見る夕日はとても切なく、意地を張ってしまったことを彼を思い出して夕日に向かってごめんなさいと呟いた瞬間に、彼の香水の香りが私を包みました。 周りに彼はいません。香りを通して彼を感じた時、涙がこぼれました。

次の日彼から電話で、夢に私が出てきて「夕日の綺麗な海で君が一人泣いていたから僕はたまらなくなって君を抱きしめたよ。もう泣かないで」と。
香りもそうでしたが、心で繋がっている実感を得られたそんな瞬間でした。

倭女 先生の詳細はこちら

香水
×
凪 先生

一生一緒に居ようねと言い合っていた彼。
離れている時にもお互いを感じていたいから、同じ香りを身に纏おうということになり、男性と女性どちらがつけても大丈夫な香水を一緒に選ぼうと出かけ、ブルガリのブラックを購入しました。

その日から、その香りは毎日欠かせないものに。
一緒に居られない時でも、香りで彼を感じるとともに、彼も同じ香りを身に纏っているという嬉しさがありました。

彼とは10年以上付き合い、卒業というカタチになり、香りもブラックから他の香りにかわりましたが、ブラックの香りは今でも大好きな香りです。

凪 先生の詳細はこちら

香水
×
紅亜 先生

仕事帰りの駅でフーッとあの香水の香りがした。「彼?」と私は彼の姿を探したの。でも…

彼の香りは甘くて優しい香りで、いつもつけてきてくれたの。
嬉しかったけど、本当は彼の「香水」じゃなくて「彼が大好き」だったのに…

ちゃんと気持ちを伝えておけばよかったって今は思います。

紅亜 先生の詳細はこちら

柔軟剤・洗剤

柔軟剤・洗剤
×
聖 先生

ずっと好きだった彼と再会して、すぐに恋に落ちました。
ずっと一緒にいたから、言葉にしなくても気持ちは伝わると思っていたけど、言葉にしないまますれ違ってしまいました。

彼のシャツの柔軟剤の香りを思い出すと、想いは言葉にしないと伝わらないと思い出させてくれます。

聖 先生の詳細はこちら

柔軟剤・洗剤
×
藍沙 先生

大好きだった片思いの彼からある日タオルを借りる機会がありました。 洗濯して返す時に、少しでも私の事を思い出してもらえるようにお気に入りの洗剤と柔軟剤で洗濯して渡した想い出があります。

良い感じになったものの結局想いは実らず、片想いのまま離れてしまいましたが、今もその洗剤や柔軟剤をつかうと、その時の切ない片想いを思い出して胸が苦しくなります。

藍沙 先生の詳細はこちら

柔軟剤・洗剤
×
南咲欄子 先生

私はバニラの香りを嗅ぐと1人の男性を思い出します。それは香水ではなく柔軟剤の香りでした。
きっと奥様が毎日キチンと洗濯されていたのでしょうね。

私の憧れの彼への片思いは失恋に終わってしまったのですが、今もバニラの香りは私をその彼へとフラッシュバックさせます。
懐かしくもバニラは私の大切な香りの1つです。

南咲欄子 先生の詳細はこちら

シャンプー・整髪料

シャンプー・整髪料
×
ann 先生

遠い昔にお付き合いしていた彼の家のお風呂場に、スイカのような香りのする外国製のシャンプーが置いてありました。
「お土産でもらったけど使うのもったいない」と彼は言ってましたが、香りにハマった私がこっそり使っていたので段々減っていきました。

シャンプーもだいぶなくなった頃、彼ともお別れになってしまい、最後に問いただすと「元彼女とヨリを戻すことになった」と。 ちなみにシャンプーは彼女が置いていったものでしたが、実はなんとなくわかっていました。 切なく寂しい思い出ですが、不思議とまたあの香りがかぎたくなります。

ann 先生の詳細はこちら

シャンプー・整髪料
×
千里 先生

「大好きな彼氏にいつも自分を思い出してもらうのに、特別な香りをつけた方がいいよ!」と、年上のお姉さんから貰ったアグリーというハワイのシャンプー。
彼に会う時にはいつもその香りを身に纏っていました。でも、行き違いから本心ではなかったのにお別れすることに…。

しばらくして偶然再会した時、「あの匂いがすると近くにいないか探してしまった。」と言われて、またお付き合いすることに。
香りの思い出は鮮烈なのでしょうね。今でも大好きで使用しています。

千里 先生の詳細はこちら

シャンプー・整髪料
×
祈愛 先生

大学生のときにバイト先の10歳以上年上の社員さんに憧れていました。

飲み会で隣になれた時に、ふわっと香ってきた彼の香り。 すごくいい香りだったので、何の香水か聞いてみると香水はつけておらず、美容院から買っているシャンプーの香りでした。 他にはない香りで、吸い寄せられるように彼の側に寄ってしまう私がいて、気がつけば彼と付き合っていました。

周りには内緒の関係だったので、大学生の私が疲れてしまい長くは続きませんでした。 今はあの香りには出会えませんが、美容院に行くと彼のこととまだ幼かった自分を思い出します。

祈愛 先生の詳細はこちら

その他

煙草
×
巳姫 先生

"カシャッ、ボー、カシャ"
煙草が好きな彼が愛用していたZippoライター。その音やその香りは、あの頃のふたりを想い出します。

むかしの私たちが必死で生きていた頃、それは二人で生きていた頃のことで、今もどこにいるのかわからない彼と過ごした大切な時代。
彼の煙草に火をつける仕草が好きで、その瞬間をうっとり眺めてしまう私。Zippoライターで火をつけて煙草を燻らす彼が大好きでした。

あれから何年も経ちましたが、今でもBarなどで、どこからかZippoライターの音が聞こえたり、誰かが使ったオイルライターの焼けた香りがする時に、あ…!と反射的に、いるはずもないのに、彼の気配を感じてしまいます。

「海外へ行く」と言った彼に、私は応援するしかなくて。もっと彼と一緒に過ごしたかった切ない想いが蘇ります。

巳姫 先生の詳細はこちら

芳香剤
×
MIYU 先生

昔付き合った彼の新車に芳香剤を置きたいということで、香りを探しにオートバックスへ。
そこで見つけたシトラスの香りがとてもよくて、私好みの香りを彼の車に設置しました。
以後、シトラスの香りはその彼との思い出です。

元々私はシトラスの香りが好きだったこともあり、実は今の主人の車も私が選んだシトラスの香りにしています。
シトラスの香りは彼の香りでもあるので、ふとした瞬間に思い出し、懐かしんでいます。

MIYU 先生の詳細はこちら

金木犀
×
Dr.白川景雲 先生

17歳の秋、金木犀の下で告白して付き合いはじめた2人。その金木犀は定番の待ち合わせ場所になりました。
楽しい日々の連続でしたが、3度目の秋は一人で金木犀の下に行くことに。彼女が海外に留学したからです。

そして4度目の秋が訪れ金木犀の花も散りはじめた頃に、彼女の母親から悲しい知らせが…。
あれから長い年月がたち、今年も色づく秋がやってきました。
思いがけず風に吹かれて金木犀の甘い匂いが届くと、まったく年をとらない彼女の姿が目に浮かぶのです。そしてそのたびに心が疼くのです。

Dr.白川景雲 先生の詳細はこちら

無料会員登録はこちら