水晶占い

水晶占いとは?

水晶占いについて

みなさんのイメージの中に、占いというと目元以外の鼻と口元を隠すような布と独特の衣装を纏った女性が、綺麗で大きな丸い水晶玉に手をかざすとその水晶の中に映像が浮かんでくる……というものはありませんか?一体どこでそんなイメージが刷り込まれてしまったのかは分かりませんが、ある種の共通イメージですよね。 ただイメージにあるだけで本当には存在しない占いだと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実はこの水晶占いはきちんとした占いの手法の1つなのです。 今回はその水晶を使った水晶占いについて、詳しく見ていきましょう。

水晶占いの歴史

水晶が正式に占いに使われ始めるようになったのは、16世紀のヨーロッパからとされています。 ピエール・ド・ランクルが書いた本に、1530年ドイツのニュルンベルクにて、とある僧侶が水晶の中に財宝とそのありかを見出したという記述が残されているのです。この僧侶と財宝についてですが、財宝捜索中の事故により僧侶本人は亡くなっており、財宝探しも結局は中断となってしまったそうです。 その後水晶占いはロマやジプシーといった移動型民族によって広められ、ヨーロッパ全土に普及。そして17世紀のイギリスで盛んに行われるようになりました。その当時は現在よく目にする綺麗な球体の水晶は使われておらず、卵型の水晶が主に使われていたようです。 また、高価な水晶が手に入らないような庶民の間では、水晶の代わりに水の入ったコップに6ペンス銀貨を入れて未来を占っていたとされています。 日本における水晶占いの発祥や歴史に関しては、はっきりしておらず詳しいことは明らかになっていません。 しかし最古の記録として残っているものであれば、奈良時代の日本で最初の歴史書「日本書紀」の中に、神功(じんぐう)皇后(170年~269年)が長門(現在の山口県)の豊浦の津で水晶占いが行われていたと解釈できる一文が記されています。 この記述が本当に水晶占いを示すのであれば、日本ではすでにその時代から水晶占いが行なわれていた可能性があり、古くからある占いの1つということになります。 また、同じ種類の占いである水面を見て占う水占(みなうら)ではないかとされるものも、同じ奈良時代に作られた「万葉集」の歌に登場しています。

水晶占いの種類

水晶占いは「クリスタルゲージング」や「クリスタルロマンシー」とも呼ばれており、過去には魔術的な儀式に使われることもあったようです。水晶占いには2種類の方法があり、「スクライング」と呼ばれる方法と、特に名称のない方法とがあります。 「スクライング」は、水晶玉に映し出された視覚イメージによって遠くのことや未来を占う技法です。こちらは水晶を使って行われる透視に近いものがあり、占い師が覗き込む水晶に通常なら見えるはずのない景色や場所、過去や未来の映像などが、ハッキリとしたものか少しぼんやりしたものか、一部始終がわかるものか断片的かなどは占い師によって多少の見え方の違いはあるものの、具体的に浮かび上がってくるためそれを元に占いを行うものです。 水晶占いは水占いと原理は同じで、光沢のある物を凝視していると、一種の暗示作用でいろいろな陰影が現れるので、それによって吉凶その他の事柄を判断するものです。 具体的なものから小さな渦まで、なんらかの映像やイメージが現れる直前に水晶球が内側から曇るとされています。また水晶占いをする部屋の明るさは、暗くてはダメですし、あまり明るすぎてもいけないようです。 もう1つの名称のない方法は、映像や画像といった分かりやすいものではなく、不完全である絵や記号といった暗示的なイメージを水晶に映し出し、それらをヒントにしながら、相談者の運命や未来、運勢などを占っていくというものです。先に挙げた「スクライング」より実際にはこの占い方の方が主流となっています。 統計や計算などから行うのではなく、占い師の力をもとにして行われる水晶占いは、占い師にそれ相応の能力や熟練度が求められるものとなります。 特に「スクライング」は透視能力に近い霊術的要素の力が必要となるため、行える人の数はそう多くはありません。また、もう1種類の暗示を読み解く方法についても、イメージなどを読み解く力そのものや経験、スピリチュアル要素の高い直感による力が必要となってくるのです。

水晶占いにをするにあたって

水晶占いに必要な道具は水晶玉ということは分かりますが、水晶玉には何か決まりがあるのでしょうか?他に何か必要なものは? また、具体的にはどのような手順で行われるのでしょうか。水晶占いをしてもらう方も占いに自分で挑戦したいという方も、参考にしてみてくださいね。

水晶占いに必要な道具

水晶占いにかかせない水晶玉。水晶占いとして使う場合の水晶玉の大きさは、直径は最低でも10cm以上が良いとされています。小さすぎてしまうと、水晶玉に映し出される映像や暗示が見えにくくなってしまいますからね。 形は球体か楕円形で、色は透明、そして天然の水晶であることが理想とされています。大きさや形さらには天然などの条件を揃えた場合、金額が予想以上に高いなどの理由で占いに相応しい水晶玉を手に入れるのが難しい場合は、水晶玉の代用品として水を注いだガラスのボウルやグラスを使用しても構いません。 また必ず必要というわけではないのですが、水晶が手に入った場合は、集中できるよう水晶を安定して置いておくための台座なども用意いておくと良いでしょう。滑り止めとなるようなクッションや、水晶を固定して置ける物があると、転がり落ちたりグラグラしたりする心配もなく安心して占いに臨めますよ。 水晶の準備ができたら、いよいよ水晶占いです。簡単に手順をご紹介いたしますので、それに沿ってイメージするなどして実際の雰囲気をつかんでみてくださいね。

水晶占いの方法

1.まず、目を閉じ水晶玉を手に持った状態で水晶を5分間温めていきます。 2.ゆっくりと深呼吸を繰り返し、呼吸のリズムに集中しながら雑念を捨てていきましょう。 3.心が、雑念が取り払われた澄んだ状態になったと感じたら目を開け、水晶玉を台座またはテーブルなどの安定したところに置きます。 4.置いた水晶玉の上を右手で直接触れないように覆い、次に左手で覆うという動作を2~3分間ほど繰り返していきます。 5.「4」の動作を繰り返したあとは水晶玉へと視線を移していき、視線を逸らさぬよう固定しましょう。その後は水晶玉を数分以上~1時間など、ある程度の時間見続けてください。 以上が水晶占いの流れとなります。 水晶占いは簡単に誰でもできるというものではなく、個人の能力や素質が大きく反映されるものとされています。霊感の強い人、直感力の強い人などは割とすんなりと水晶の中にイメージを捉えることができるため、やはり水晶占いは選ばれた特殊な能力を持つ人に与えられた特別な占術だということが伺えますね。

水晶占いで占い師に伝えると良いこと

水晶玉に映像や暗示が浮かび上がってくるなんてやはり神秘的ですよね。 では、水晶占いをしてもらう際には、占い師にどのような質問や要望を伝えるとより良い占いが受けられるのでしょうか?

恋愛や結婚について

気になる相手との相性、いつどのようにアプローチしたら良いか、好きな人と両思いになれるのか、復縁は可能かどうか、結婚できるのはいつなのか…など、基本的で幅広い恋愛の占いだけでなく、具体的な時期や細かいアドバイスも受けられるため、非常におすすめです!

仕事について

自分の適職や、転職に相応しい時期など、仕事に対しての相談も水晶占いで占っていただけますよ。 上司や部下、同僚などとの人間関係や、このまま今の仕事を続けていて良いのかどうかといった悩みなどもも占い師に話して、具体的なアドバイスをしてもらいましょう!

判断に迷うこと

引っ越しや転職など、どちらにすればより良い方向に向かうのか、2択の判断に迷うことについても占い師に相談してみましょう。 水晶で占ってくれるだけでなく、あなたが気付いていない悩みの原因や壁となっている障害についても映し出してくれることもあるので、細かい悩みがあるならこの機会に一緒に相談してみても良いでしょう。

水晶占いは電話占いでも占える?

占い師ではないため、占いの受け手側は水晶に映し出されるものは見ることはできませんが、占い師が水晶と自分の能力を使って占うものであり、透視能力と同じような感覚で受けていただく占術のため、もちろん水晶占いは電話占いでも占っていただくことが可能です! 水晶を用いる占術に強い占い師も電話占いに多数在籍していますので、恋愛や仕事、将来のことなどをじっくり占ってもらうだけでなく、適切なアドバイスも受けられるのでおすすめですよ!

まとめ

いかがでしたか?水晶占いとは透視能力と同じような超能力・霊能力を使って見ていくものだということと、水晶占いで見えてくるものなどをご紹介いたしました。 能力の有無や精度によって扱えるかどうかが決まってきてしまうため、なんだか怪しい、古めかしいというイメージはもうありませんよね! 水晶を使った神秘的な占いを、経験豊富で磨かれた能力を持つ占い師が集う「みんなの電話占い」で是非体感してみてはいかがでしょうか。