十二支

十二支占いとは?

十二支占いについて

十二支占いとは、日本では馴染みの深い、干支を用いた占いです。 【子(ね/ねずみ)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う/うさぎ)・辰(たつ)・己(み/へび)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い/いのしし)】 皆さんご存知の、12の動物を表す「干支」ですね。今回はこの十二支を使った占いについてご紹介していきたいと思います。

十二支占いの歴史

人は干支ごとに大まかな傾向が決まっており、それを用いて人の「性格」や「特徴」を判断することができます。古代中国では、干支占いを広い地域に渡り用いていたという歴史があり、日本でも古くから根付いていました。 しかし、現在の干支はお正月に意識するだけの方が多いので、なんだかもったいないと思ってしまいます。

実は知らない、本当の干支とは?

まず、あなたの干支はなんですか?干支といえばお正月というイメージが強いので、新年を節目として干支を数えている方が多いのではないでしょうか。 しかし、干支とは年明けとともに変わるものではないのです。干支が示す年は旧暦であり、2月4日が干支の変わる節目となるのです。つまり、元旦を超えて2月3日までに生まれた人の干支は、その年の前の干支になるということです。 これは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?これを踏まえて、さっそくあなたの干支を再確認しましょう!

干支ごとにも相性がある

干支にも、相性の良い相手や悪い相手がいます。 また、十二支占いで占えることは、個人の性格、パートナーや友人、家族との相性です。感覚的には血液型占いや星座占いと似ているものであると捉えてもよいでしょう。 では次は干支ごとの相性について詳しく見ていきましょう。

干支ごとの良い相性

上記で述べたように、血液型占いや星座占いのように、簡単に相性チェックができます。でも干支にも相性があるなんて、占いに詳しくない方は驚きですよね! まずは、相性が良い干支についてそれぞれご紹介いたします。

支合同士の干支

「性格的に似ている」「共感できる部分が多い」といわれるものを「支合(しごう)」とよびます。この支合同士だと、友人関係に発展しやすかったり、協力関係に相応しかったりします。 ・子と丑 ・寅と亥 ・卯と戌 ・辰と酉 ・己と申 ・午と未

三合同士の干支

自分の干支から4番目と8番目にくる、2つの干支も相性が良いといわれています。その2つの干支は、自分にとって不足しているものや短所を補え合える相性で、「三合(さんごう)」とよびます。 ・子と辰と申 ・丑と巳と酉 ・寅と午と戌 ・卯と未と亥

干支ごとの悪い相性

良い相性についていかがでしたか?身近な人の干支はありましたでしょうか? 次は相性が悪い干支についてそれぞれご紹介いたします。あくまでも十二支占いで見た相性ですので、周りの方と当てはまるものがあったとしても落ち込みすぎず、気軽に参考にする程度で楽しんでくださいね。

七沖同士の干支

十二支盤で見たときに、自分の干支と向かい合い、正反対の位置に属している干支は、その位置が示す通り、自分と真逆の価値観や性格を持つため、相性が悪いです。これを「七沖(しちちゅう)」とよびます。 ・子と午 ・丑と未 ・寅と申 ・卯と酉 ・辰と戌 ・巳と亥

六害同士の干支

ライバルとして関係を築きやすい干支を「六害(ろくがい)」とよびます。 ・子と未 ・丑と午 ・寅と巳 ・卯と辰 ・申と亥 ・酉と戌 ・丑と未と戌 ・寅と巳と申 ・子と卯

三刑同士の干支

相性がとても悪く、そりが合わない干支同士を「三刑(さんけい)」とよびます。 ・丑と未と戌 ・寅と巳と申 ・子と卯

三刑に当てはまらないものは「自刑」

三刑に当てはまらない、辰・午・酉・亥の4つを「自刑」とよび、これらの干支は責任感が強すぎたり、強迫概念があったりするので、悩みを人になかなか相談できず、生きている中で精神的な苦痛を伴う可能性が高くなります。 自分で自分を苦しめてしまう傾向にあることから、自らが自らに刑を与えるということで自刑とよばれています。 上記を踏まえて、あなたの干支と気になる相手との干支の相性をぜひチェックしてみてくださいね。

十二支ごとのそれぞれの性格や特徴

ここからは、干支ごとの性格や特徴を簡単にご紹介していきたいと思います。 ご自分に当てはまるかどうかだけでなく、家族や上司など、年の離れた相手についても当てはまるかどうか、楽しんで見てみてくださいね!

子年(ねずみどし)生まれ

特徴:器用でなんでもできる芸達者。適応能力が高い。無駄遣いをしない。

丑年(うしどし)生まれ

特徴:マイペース。頑固者で何事も努力する。怒ると怖いが、普段は優しい。

寅年(とらどし)生まれ

特徴:チャレンジ精神旺盛で明るい。自分の信念を信じて動く。落ち着きがない。

卯年(うさぎどし)生まれ

特徴:身ぎれいで、上品。傷つきやすくさびしがりや。愛嬌があり、人気者。

辰年(たつどし)生まれ

特徴:負けず嫌いで短気。成功するまで追い求める。威勢が良くリーダー向き。

巳年(へびどし)生まれ

特徴:向上心があり、世話好き。思い通りになるまでしつこく執念深い。見栄えを気にする。

午年(うまどし)生まれ

特徴:明るいお調子者。要領がよく、人に好かれやすい。金回りがよい。

未年(ひつじどし)生まれ

特徴:芯が強く、ひとにも優しい平和主義。滅多に怒らない。臆病で行動に制限をしがち。

申年(さるどし)生まれ

特徴:頭が良く、世渡り上手。常に行動していたい。落ち着きがない。

酉年(とりどし)生まれ

特徴:頭の回転が速く、地頭がよい。諦めが早く、執着心が無い。何事もせわしない。

戌年(いぬどし)生まれ

特徴:正直者で頑固。頭が冴えている。人情深く、人の為によく尽くす。

亥年(いのししどし)生まれ

特徴:わが道をいく猪突猛進型。我慢強い人が多い。あとさき見ずに行動をする。

十二支占いで占い師に伝えると良いこと

生年月日から干支は簡単に調べることができますね。 では、十二支占いをしてもらう際には、基本の生年月日以外だと占い師にどのような質問や要望を伝えるとより良い占いが受けられるのでしょうか?

性格について

本来の自分はどういうものなのか、またどのような自分でありたいのか…。それらを読み解くことで、自分と向き合えることもあるでしょう。 また、今後さらに磨かれた自分になるため、ステップアップにも繋げるためにはどうすればいいのかなども占ってもらうことができます。

自分の未来に関すること

今年1年はどのような年になるのか。恋愛は?仕事は?いつ運気が下がって、いつ上がるのか?気になることはたくさんありますよね。 どのような年になるかで、注意すべきことや挑戦すべきこともしっかり見えてきます。充実した日々を送るためのヒントがたくさんもらえることでしょう。

人間関係について

相性占いに強いため、家族や仕事での人間関係についても気になることがあるのなら話してみると良いでしょう。その人の意外な一面も分かるかもしれませんし、関係改善の糸口が見つかるかもしれませんよ。

恋愛について

性格や恋愛傾向、相性占いも行える十二支占い。もちろん恋愛についての質問も占い師に話して、占ってもらいましょう! 気になる相手との相性は?いつどのようにアプローチしたら良いか?など、アドバイスで良い方向に導いてくれるので非常におすすめです!

十二支占いは電話占いでも占える?

血液型占いや星座占いと似た感覚のものですので、もちろん十二支占いは電話占いでも占っていただくことが可能です! 東洋占星術に強い占い師も電話占いに多数在籍していますので、性格や相性、運勢などをじっくり占ってもらうだけでなく、適切なアドバイスも受けられるのでおすすめですよ!

まとめ

いかがでしたか?簡単にですが、干支ごとの相性と性格についてご紹介してみました。 血液型占いや星座占いのように、決してこの記事が一概に当てはまっているというわけではありません。似ているとか、当てはまるかも?と楽しんでいただけたら幸いです。ぜひあなたや気になる相手の性格をチェックしてみましょう!