蘭先生【占い師インタビュー】

お知らせ

蘭先生【占い師インタビュー】
みん電所属の占い師へのインタビュー企画、今回は蘭先生です。


蘭(らん)先生

驚異的な鑑定力と、明るく親しみのある雰囲気で絶大な支持を集める鑑定師。
主な占術は霊感、タロットカード、ネームリーディング等。


お気に入りグッズ紹介こちら

■一番得意な恋愛相談はどういったものですか?

復縁、結婚、不倫など人との縁に関する恋愛相談を得意としております。なかでも、お相手の今の気持ちや今後を感じる事が特に得意です。

はじめに、ご相談内容を聞いている段階で、お相手のキーワードとなる言葉や、状況、イエス、ノーが分かる時があります。
普通にお友達感覚でお話しして頂く中で、お客様の声から波長を読みとり、浮かんだ事は早く言わないと消えてしまうので、お悩みを聞いた後分かる事は全てお話ししていきます。

その後タロットカードをシャッフルしていくと、より明確にみえてきます。1番多いのは、映像として季節や人数、服装、場所がみえたりします。

このみえた映像をお客様にお話しし、会話で紐といて繋げていきます。繋げて行くとだんだん理由や不明点が明確になり、すっきりして頂けます。

お相手の気持ちやタイミングがわかると、今後の恋愛においてよりスムーズにいくのではないかと思いますので、浮かんだものは全てお伝えしています。
未来へのサインとしてご参考にしてください。


■先生がインスピレーションで様々なことを感じ取れるようになったのはいつごろからですか?

祖母の家系が神官だった為、幼少時より自分自身のスピリチュアルな能力には気づいておりましたが、ずっと閉ざしていました。

その経験が今占い師と普段の生活とのオンとオフが出来るようになるきっかけだったと思います。
今は占い師となりスピリチュアルな能力を表に出す事が出来、清々しく感じますし、これが私の役割なのだと思っています。


■占い師になって良かったと思う時はどんな時ですか?

お客様からの嬉しいご報告や、前より元気になった等のお声が聞けるとやりがいを感じます。

でも、一番は何かあった時に私を思い出して頂いた時です。

私も、ふいにお客様を思いだした時にその方から鑑定のご依頼を頂く時が多く、まるでお客様と一心同体になった気分になり嬉しく思います。

人対人の信頼関係が築けた時ですね。


■占い師としてのポリシーは何ですか?

お客様の声の波長や、オーラ、ネームリーディングでよみとった事を、お客様に正確に伝える事です。

そして電話を切った後に、お客様の不安な気持ちが少しでもやわらぐよう、楽になるようにと思って鑑定をしております。

また、鑑定の良し悪しに関わらず、必ず改善策をお伝えしていくのが私の占いでの姿勢です。



■鑑定の際に利用している、お気に入りの占いグッズはありますか?

タロットカード、塩、念珠です。
念珠をはめる、はずすことで占い師・蘭に切り替わっています。
気を浄化する為にセージを使用する事もあります。


■先生はどんな人ですか?

人と関わるのが好きな人間だと思います。
辛いときでも、一つでも楽しみを見つけようとします。
また、思い立ったらすぐ行動するタイプだと思います。


■おすすめの開運法はありますか?

私は、神社にいくと頭がスッキリし、考えがまとまったり、方向性が決まったりします。

ですが、人によって開運する場所、行為は違いますので、お客様別に、開運法や場所、おまじないなどをお話ししています。


■先生のストレス発散法は何ですか?

参拝以外は、寝る事、笑う事、声を出す事です。

寝てる時は体も脳も休めてパワーを温存でき、より的確な判断が出来るようになります。

笑う事は心の健康に良いと思いますので、私生活やテレビ等で楽しく笑顔で過ごす事を念頭にしています。

声を出す事は、友人と話したり、歌を歌ったりしています。


■みん電のお客様へメッセージをお願いします。

いつも有り難うございます。
よく感想メール等で感謝の言葉を頂きますが、私自身も感謝の気持ちで一杯です。

私は、スピリチュアルな力はこの世に存在すると思っています。
私も以前何度か神社参拝にて助けられた経験があります。

助けられる度に、備わっていた私の不思議な力がどんどん強くなっていきました。
私にとって占いをすることは、その不思議な力を授かった事への恩返しだと思っています。

私と縁を持つ事により、運勢をより良い方向へ導き、また、神様からのサインをお伝えする事が、恩返しであり私の役割だと思っています。

いつも温かいお言葉、お気持ち、本当に有り難うございます。 今後とも宜しくお願い致します。

蘭先生のインタビュー、いかがでしたでしょうか?
先生の詳しいプロフィール、鑑定の申込みはコチラからどうぞ!

インタビューバックナンバーはコチラ